更新日: 2023.09.14 NISA

新しいつみたてNISAが始まる際に金融機関を変えたい。どんな制度になる? 手続きは?

新しいつみたてNISAが始まる際に金融機関を変えたい。どんな制度になる? 手続きは?
2024年には、新しいNISA制度がスタートします。それに合わせて、金融機関を使い勝手の良いところに変更したい人もいるでしょう。新しいNISAが始まるタイミングで金融機関をスムーズに変更するには、申し込みがスタートするタイミングや手続きの流れを把握しておくことが必要です。
 
本記事では、新しいNISAが始まる際につみたてNISAの口座を変更する方法と手続きの流れ、変更時の注意点を分かりやすくまとめました。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】SBI証券のNISA(ニーサ)

SBI証券のNISA(ニーサ)

おすすめポイント

【NISA】
・投資できる商品が多い
・NISA口座での国内株式 売買手数料0円
【つみたてNISA】
・幅広い投資信託ラインナップ
・100円から積立がスタートできる

新しいNISAではつみたてNISA・NISAの口座の区別がなくなる

まず確認しておきたいのは、新しいNISA制度(以降、新NISA)ではこれまでのような、つみたてNISA・NISAの口座の区別がなくなる点です。2つの制度はNISAとして一本化され、従来のつみたてNISAに当たる「つみたて投資枠」とNISAに当たる「成長投資枠」を、投資枠内で併用できるようになります。
 
新NISA開始のタイミングで、つみたてNISAの金融機関を変更する場合、変更先の金融機関で2024年以降に開設される口座は「NISA口座」となるため、混乱しないようにしましょう。
 

新NISAが始まるタイミングでつみたてNISAの金融機関を変更する方法

新NISAが始まるタイミングで金融機関を変更する方法は、つみたてNISAの取り引きの有無によって大きく異なります。それぞれの方法は、変更前後の金融機関が銀行か証券会社か、規模(大手/地方)、業態(一般/ネット専業)などにかかわらず、おおよそ同じです。
 
以下に、2023年につみたてNISAの取り引きがある場合とない場合に分けて、一般的な手続きの方法を紹介します。
 

2023年につみたてNISAの取引がある場合

2023年中に現在の金融機関でつみたてNISAの取引がある場合、2024年の新NISAスタートに合わせた金融機関の変更を申し込めるのは、2023年10月1日以降です。
 
これより前に手続きをしておくと、2024年1月1日以降に新NISAの口座が開設されます。
 

2023年につみたてNISAの取り引きがない場合

2023年に現在の金融機関でつみたてNISAの取り引きがない場合は、おおむね2023年の9月30日までに、現行のつみたてNISAの金融機関の変更手続きをしておくと、新NISA開始時に自動的に新NISA口座が開設されます。
 
また、2023年中に取り引きがある場合と同様に、現行のつみたてNISAの口座は現在の金融機関に保持しつつ、10月1日以降に2024年からの金融機関変更を申し込むことも可能です。
    

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

つみたてNISAの金融機関変更手続きの流れ

つみたてNISAの一般的な金融機関変更の流れは次のとおりです。

1.現在のつみたてNISA口座がある金融機関から「金融商品取引業者等変更届出書」を取り寄せる
 
2.金融商品取引業者等変更届出書に必要事項を記入して返送し「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」を受け取る
 
3.変更先の金融機関に投資信託口座(証券会社の場合は証券総合口座)を開設する(口座を所持していない場合)
 
4.変更先の金融機関にNISA口座申込書と勘定廃止通知書、本人確認を提出する
 
5.税務審査ののち変更先の金融機関にNISA口座が開設される

細かい手順は金融機関によって異なる可能性があるため、事前に確認のうえで手続きを進めましょう。
 

つみたてNISAの金融機関変更時の注意点

注意する点はこのようになります

・保有商品の移動はできない
・旧口座での買い付けはできない
・変更手続きに数週間程度かかる

新NISAスタート時に合わせて口座変更する場合も、2023年中に現行のつみたてNISA口座を移動しておく場合も、保有商品は新NISAの口座に移動できません。
 
前者の場合は変更前の金融機関、後者の場合は変更後の旧つみたてNISA口座で、2023年までの保有商品を管理することになります。旧口座での新たな買い付けもできません。
 
また、口座変更手続きには数週間程度時間を要します。2024年1月1日の新NISAスタート時には新口座を使えるようにしたい場合は、期間に余裕をもって手続きを行いましょう。
 

【PR】SBI証券のNISA(ニーサ)

SBI証券のNISA(ニーサ)

おすすめポイント

【NISA】
・投資できる商品が多い
・NISA口座での国内株式 売買手数料0円
【つみたてNISA】
・幅広い投資信託ラインナップ
・100円から積立がスタートできる

新しいNISAスタート時の口座変更は2023年中に申し込みを

新NISAスタートに合わせて金融機関を変更したい場合、2023年10月から新NISA口座の申し込み受付が始まります。変更手続きが完了するまで数週間かかるため、2024年1月1日に間に合わせたい場合は、受け付けが開始されたらすぐに申し込むと安心です。
 
手続きの流れを確認して、スムーズに手続きできるよう準備しましょう。
 

出典

金融庁 新しいNISA
金融庁 つみたてNISAの概要
特定非営利活動法人 確定捻出年金教育協会 つみたてNISAナビ
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー