更新日: 2023.10.03 不動産投資

周囲に不動産投資している人が増加中! 自分も始めたいがメリット・デメリットにはどんなものがある?

周囲に不動産投資している人が増加中! 自分も始めたいがメリット・デメリットにはどんなものがある?
不動産投資と聞くと現金一括で不動産を購入できる人が対象と思う人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。不動産をローンで購入できる信用があれば、できる投資方法の1つといえます。
 
本記事では、不動産投資のメリットだけでなくデメリットも紹介します。不動産投資に興味のある方は参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

不動産投資とは

不動産投資は大きく分けて2種類あります。1つは賃貸をすることで毎月の収益を得る方法(インカムゲイン)で、もう1つは売却処分することで利益を得る方法(キャピタルゲイン)です。
 
しかし、キャピタルゲインは不動産の価値が上昇している時期でなければ利益が出ず、リスクも高いため現在はインカムゲインが主流です。記事ではインカムゲインとしての不動産投資を解説します。
 

不動産投資の仕組み

家賃収入を目的とした不動産投資は以下の仕組みとなっています。
 

●不動産の購入(現金あるいはローン)
●不動産の賃貸(毎月の家賃収入)

 
不動産の購入・所有にかかる支出よりも、家賃収入が上回るときに投資利益が発生します。不動産の購入から賃貸までは個人でも可能ですが、専門家である不動産会社に管理を委託して行うことでリスクが回避できる可能性が高くなります。
 

不動産投資の種類

不動産投資は大きくインカムゲインとキャピタルゲインの2つに分けられますが、主流のインカムゲインは対象不動産によってさらに以下の種類があります。
 

●区分マンション経営
●マンション・アパート(1棟)経営
●戸建て経営
●駐車場経営
●コインランドリー経営 など

 

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資は対象が高額な不動産のため、万が一、失敗した場合は損害額が大きくなります。つまり、リスクが大きい投資ですからメリットだけを追わずにデメリットも充分に理解してから始めましょう。
 
もちろん専門家を介して投資することが安心ですが、まずは自分自身もメリット・デメリットを理解しておきましょう。本項では、不動産投資で考えられるメリットとデメリットを解説します。
 

不動産投資のメリット

不動産投資(インカムゲイン)のメリットは以下のとおりです。
 

◆節税効果がある(相続税、所得税、住民税)
・現金よりも不動産のほうが相続税の評価が低い
・減価償却により赤字となることが多いので、本業の所得と相殺(損益通算)ができるため課税所得が低くなる
 
◆年金対策に役立つ(貯蓄効果・副収入)
 若いときに不動産投資を行うことで副収入になり、長期的な利益が見込めるので老後も安定した収入源になる
 
◆レバレッジ効果が高い
 少ない資金で高額資産が取得できるレバレッジ効果が高い
 
◆適度なリスクでリターンを得られる
 リスクはゼロではないが比較的低いリスクで安定したリターンがある
 
◆死亡しても残債が相殺される
 住宅ローンを組むと一般的に団体信用生命保険に加入するため、死亡しても残債務が相殺される

 

不動産投資のデメリット

不動産投資(インカムゲイン)のデメリットは以下のとおりです。
 

◆各種のリスクが伴う
・空室リスク
・家賃滞納リスク
・価格変動リスク
・金利変動リスク
・災害リスク
・売却価格の変動リスク
 
◆流動性は他の資産に比べて低い(現金化に時間がかかる)
◆投資する物件選びが難しい
◆売却を希望する時期に売却できない可能性がある
◆物件の維持、管理に費用がかかる(リフォーム、固定資産税など)

 
上記のデメリットやリスクは個人ですべてを確認することが難しいので、専門家に相談することが大切です。
 

不動産投資はリスクを充分に理解した上で始めましょう

不動産投資は高額の投資が必要ですが、比較的リスクが少ないといわれており安定した収入が得られるのでメリットのある投資です。しかし、リスクはゼロではないので充分に注意する必要があります。
 
特にメリットやデメリットは購入する物件に依存する部分が多くあります。優良物件であるほど長く安定した収入が得られ売却もスムーズですが、その反対もあります。まずは物件選びでつまずかないよう、情報を集め、できれば専門家に相談しながら投資をするとよいでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集