更新日: 2024.03.11 株・株式・FX投資

FXとは? 初心者でもすぐわかる基礎知識入門! メリット・デメリットも

FXとは? 初心者でもすぐわかる基礎知識入門! メリット・デメリットも
「FX」という単語はテレビやインターネットなどで耳にしたことがあっても、具体的にどのような取引かについてはあまり知られていません。
 
世の中にはFX取引で成功して財産を稼いだ方もいますが、詳しい内容について理解しないまま始めるのはリスクが大きいです。そのため、実際にFXを始める前には基礎知識について勉強して、自分自身が納得できてから始めるようにしましょう。
 
本記事では、FXの基礎知識に加えてメリット・デメリット・注意点などについて解説するので、FXについて気になる方は参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

FX初心者に必要な基礎知識入門

FXは「Foreign Exchange」(外国為替)から文字を取ったものであり、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。

基本的にFXは外貨預金などと同様に外貨に投資する投資商品で、世界各国の通貨でできる投資として有名です。取引時間についても平日ならほぼ24時間取引可能であり、他の外貨投資と比較しても手数料などが低く抑えられています。

FXの大きな特徴としては、証拠金として預けた資金に対して「レバレッジ」がかけられるため、所有している資産の何十倍もの金額で取引できる点です。

例えば、証拠金として預けている金額が10万円でも、レバレッジが10倍かけられれば100万円の大きな額でのFX取引も可能です。少額からでも大きく利益を狙える点から多くの方が取り組んでおり、実際に少ない証拠金から何百万円・何千万円・何億円も稼いだ方もいるのは事実です。

しかし、投資には良い部分以外にも悪い部分やリスクが存在しているため、タイミングやレバレッジのかけ方を間違えると大きな損失につながります。初心者がFXを始める際には良い部分だけをみるのではなく、悪い部分やリスクについても理解しなければなりません。

FXで利益が生まれる仕組みとは?

FXで利益が生まれる仕組みとしては「為替差益(キャピタルゲイン)」と「スワップポイント(インカムゲイン)」の2つがあります。これらの方法を上手に活用することが、FXで利益を得るためには重要な要素といえます。

それぞれの方法について解説するので、FX初心者の方は参考にしてみてください。

為替差益(キャピタルゲイン)

為替差益は円やドルなどの異なる通貨を売買した時の差額で利益を出す方法であり、普段から耳にする用語でいうと「円安」、「円高」が大きく関係してきます。

例えば、最初に円からドルに両替する時100円=1ドルを基準として考えた際に、円高で80円=1ドルで再度両替すると100円-80円=20円の損失が発生します。反対に円安で120円=1ドルで両替すると120-100円=20円の利益となります。

これらの額が大きくなると、それだけ損失や利益も増えるため、100ドルなら2000円の損失と利益になります。レバレッジをかけて取引をしているとさらに大きな金額になるケースも珍しくなく、短期間で大きな損失も利益も発生する可能性はあるでしょう。

スワップポイント(インカムゲイン)

スワップポイントとは、金利や配当金などの金融資産などを保有している際に発生する利益ですが、日本語では「金利差調整分」といわれて利益を得られる可能性がある反面、損失が発生する可能性もあります。金利が高い通貨を購入して金利が低い通貨を売却した際に得られるため、為替レートなどに影響されません。

反対に金利が低い通貨を購入して金利が高い通貨を売却すると、マイナススワップが発生して逆に金利差についての支払いが必要になります。外貨を長期保有する際に注意するべき利益といえるため、金利差などについては把握しておきましょう。

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

初心者がFXを始めるメリット

FXは現在でも多くの方に取り組まれていますが、取引時間などが長く一人ひとりのライフスタイルに合わせながら取り組める点が魅力といえます。

世界各国の通貨に対しての投資になるため、初心者がFXを始める際にはメリットを理解しておくことが重要です。効率的なFXに取り組むためにも、自分のライフスタイルや投資方針とメリットが合っているか判断しなければなりません。

初心者がFXを始めるメリットとしては、以下が挙げられます。

●レバレッジがかけられるので少ない自己資金から始められる

●平日はほぼ24時間取引できる

●各種取引手数料が無料なことが多い

●アプリやツールなどが豊富に存在している

●相場が上がっている時でも下がっている時でも利益が狙える

FXを実際に始める前にはメリットについて把握するのが投資リスクを抑えることにもつながります。それぞれのメリットについて解説するので参考にしてみてください。

初心者がFXを始めるメリット1.レバレッジがかけられるので少ない自己資金から始められる

FXではレバレッジがかけられるので少ない自己資金から始められるのが大きなメリットであり、効果的に活用できれば少ない自己資金から大きな利益が得られます。

現在の日本の制度では、証拠金を担保として預け入れておけば、最大25倍まではレバレッジがかけられます。仮に、証拠金として5万円を入金している場合は、5万円×レバレッジ25倍=125万円の取引が認められます。

本来持っている自己資金よりも大きな取引ができるため、利益が生まれて証拠金が増え、そこからさらに大きな取引ができるという取引サイクルが確立できます。ただし、レバレッジをかける際には最低必要証拠金が設定されているため、どれくらいの金額が必要かについては事前に確認しておきましょう。

注意点としては、レバレッジをかけていると、利益だけでなく損失も同じように大きくなるため、レバレッジ倍率は慎重に決める必要があります。

初心者がFXを始めるメリット2.平日はほぼ24時間取引ができる

国内株式や外国株式は取引所が開催している時間内でしか取引できず、取引タイミングを逃してしまうケースも珍しくありません。

一方で、FX市場は世界中で開催されているので、平日はほぼ24時間取引ができます。理由としては東京市場が閉まっていても、海外の市場が開いているため日中でも夜中でも自分が好きなタイミングで取引ができるのです。

FXは一人ひとりのライフスタイルや投資方針に合わせながら取引が可能なので、日中は仕事やプライベートで忙しい方でも深夜に取引する・移動時間に取引する・昼休みなどの休憩時間に取引するなど、取引タイミングを柔軟に選ぶことができます。

このようにFXは取引時間が限定されていないため、そのときの状況について調べながら迅速に対応することが可能です。

初心者がFXを始めるメリット3.各種取引手数料が無料なことが多い

多くの証券会社では各種取引手数料を無料に設定していることが多く、実際に必要となる費用については通貨の売買で発生する「スプレッド」程度です。

スプレッドにかかる費用についても米ドル/円の場合で1円以下なのでかなり安いといえます。手数料の種類としては主に「口座開設手数料」、「口座管理手数料」、「入金手数料」、「出金手数料」、「取引手数料」、「ロスカット手数料」です。

多くの証券会社で各種取引手数料が無料なことが多いとはいえ、それぞれの証券会社で決められている内容は異なります。手数料にもいろいろなパターンが存在しているため、実際にFX口座を開設する前には手数料の種類や発生条件などを調べておきましょう。

初心者がFXを始めるメリット4.アプリやツールなどが豊富に存在している

FXは世界中で取り組まれている投資方法の1つであり、一人ひとりが詳しい情報を把握しながら取引を進められるように各種アプリやツールなどが充実しています。

アプリやツールでは自分の証拠金状況が確認できたり、通貨ペアごとの相場変動がみられたりなど、FX取引をサポートしてくれる心強い味方です。新規注文や売り注文なども可能なので、さまざまな情報確認から取引まで柔軟に活用できます。

具体的な使い方についてはアプリやツールごとに異なるため、最初の頃はどうやって使えばいいか迷ってしまうケースも少なくありません。それぞれの使い方などについても各証券会社がサポートしてくれていることが多いので、わからない点や気になる点についてはカスタマーサポートなどに相談するのがおすすめです。

初心者がFXを始めるメリット5.相場が上がっている時でも下がっている時でも利益が狙える

FXは、基本的な仕組みとして異なる2国間で通貨の売買をおこなうため、相場が上がっている時でも下がっている時でも利益が狙えます。

そのため、相場の動きについて読み取りながら買いポジションと売りポジションを活用すれば、どのような相場でも利益を狙うことが可能です。国内株式や外国株式では基本的に上がり相場でしか利益が生まれず、株式購入したタイミングでの相場価格よりも上がれば利益が発生し下がれば損失となります。

FXでは「新規買い注文」と「新規売り注文」の両方をおこなえますが、相場が上がっている時には買い注文、相場が下がっている時には売り注文が利益を生み出すポイントです。ただし、相場については突然上がったり、下がったりするケースもあるため、自分の予想と真逆の動きをする可能性もあることは念頭においておきましょう。

初心者がFXを始めるデメリット

FXはうまく投資ができれば短期間でも大きな利益を得られる可能性がある一方で、タイミングなどを間違うと一気に大きな損失につながる可能性もあります。投資リスクを抑えながらFXをするためには、メリットだけでなくデメリットについても理解しておくことが重要です。

もしも、デメリットについて理解していないまま投資をすれば、思わぬ問題やトラブルに発展する可能性も考えられます。

初心者がFXを始めるデメリットとしては、以下が挙げられます。

●急激な相場変動で短期間でも大きな損失が発生する

●レバレッジをかけていると証拠金以上に損失が出る可能性がある

●世界中の市場や投資家の思惑が入り乱れて相場を読むのが難しい

どのような投資方法にも投資リスクやデメリットは存在していますが、その中でもFXは投資した金額以上の利益や損失を生み出す可能性がある点が特徴です。少しでも安全にFXに取り組むためにも、FXのデメリットについては事前に勉強しておかなければなりません。

初心者がFXを始めるデメリット1.急激な相場変動で短期間でも大きな損失が発生する

FXは世界中の通貨が入り乱れている相場なので、安定している相場のようにみえても、ある日突然大きく変動する可能性があります。

為替相場は一見するとある程度の規則性があるように感じられるかもしれませんが、実際には決まった形のない不安定なものです。そのため、世界を揺るがすような大きなニュースや災害が発生すれば、為替相場は一気に変動し、大きな損失につながる可能性があります。

過去には、アメリカの投資銀行「リーマン・ブラザーズ」が経営破綻をしたリーマンショック、アメリカがトルコ共和国に対して経済制裁をおこないトルコリラの急落が起きたトルコショックなどが為替相場に大きな影響を与えたニュースとして有名です。

為替相場はアメリカの動きに大きく影響される側面もあるため、投資家の多くはアメリカの動きには特に注目しています。

初心者がFXを始めるデメリット2.レバレッジをかけていると証拠金以上に損失が出る可能性がある

FXでは現在最大25倍のレバレッジがかけられるので、少ない自己資金でも大きな利益を生み出せる可能性があります。ただし、レバレッジが適用されるのは利益だけではなく、損失も同様です。

例えば、レバレッジ25倍で1万円の利益が出ると1万円×レバレッジ25倍=25万円になりますが、反対にレバレッジ25倍で1万円の損失が出ると1万円×25倍=25万円の損失です。

レバレッジをかけていない状態であれば損失は自己資金の範囲内に収まりますが、レバレッジをかけていると自己資金の範囲を超えてしまう可能性もあります。このように利益が出ても損失が出ても大きな影響を与えるため、FXをする際にはレバレッジの倍率についても考える必要があります。

自分を守るためにも資金には余裕を持ち、大きな損失が出ないように注意しましょう。

初心者がFXを始めるデメリット3.世界中の市場や投資家の思惑が入り乱れて相場を読むのが難しい

FX市場はさまざまな要因で変動していますが、世界中の市場や投資家の思惑が入り乱れているため相場を読むのは困難といえます。他にも国際情勢なども大きく影響するため、ある日突然相場が変動する可能性は十分に考えられます。

専門的な知識やノウハウを持っているとある程度は予想できても、予想した方向と違った方向に推移するというケースもまったく珍しいことではありません。

それでも為替相場について予想する能力や為替の動きを読むテクニックは重要なので、FXをする際には自分で勉強して最低限のテクニックは身に付けておくとよいでしょう。どれだけ精度を高めても完全に読み切ることは難しいですが、精度が高くなれば為替相場の動きをある程度は予想して効率的に投資できるようになるでしょう。

FX初心者が注意すべき点とは?

FXは利用条件を満たしてFX口座を開設できれば誰でも始められるため、その気になれば数日の間にFX口座開設から利用まで可能となります。しかし、FX初心者が右も左もわからないままレバレッジをかけて取引しまうのはリスクが高いため、ある程度は注意点なども理解してから各種取引をおこなうようにしましょう。

FXの注意点については、以下が挙げられます。

●少額から取引を始める

●基本的な操作方法や注文方法を覚える

●レバレッジをかける際は慎重に判断する

一般的なイメージでは、FXは大きな金額で高いレバレッジ倍率をかけて、成功すれば一気に稼げると思われていることが多いです。しかし、本来はいきなり勝負に出るのではなく、細かい部分まで理解してから大きな金額と高いレバレッジで取引するのがおすすめといえます。

FXの注意点1.少額から取引を始める

具体的にどれくらいの金額を投資するかは人によって異なりますが、最初は少額から取引を始めるのがリスクを抑えるためには重要です。

世の中にはいきなり大きな金額を投資して利益を生み出せる方もいる一方で、そのような投資をしてしまうと多くの方は投資資金を失ってしまう可能性があります。

実際に自分の資金を投資に充てるのはプレッシャーがかかるため、最初は失っても問題がない程度の金額から始めて、相場の動き・利益や損失が生まれる過程などを体験することも大切です。

人によっては少ない金額でFXをしても面白みがないと感じるかもしれませんが、勉強期間を設けることでFXについて理解を深められます。ビギナーズラックで資産を増やす経験よりも、自分で考えて行動した結果損失を出してしまったケースのほうが経験としては貴重といえます。

FXの注意点2.基本的な操作や注文方法を覚える

FXはリアルタイムでの売買以外にもさまざまな方法で売買ができるため、基本的な操作や注文方法について覚えることが効率的な取引には必要不可欠といえます。

例えば、事前に指定した金額になったら売買するというような注文方法もあり、一人ひとりのライフスタイルや投資方針に合わせながら注文方法を選択することが可能です。具体的な操作方法についてはFX口座を開設している証券会社ごとに違うため、最初は少額から始めて、操作方法を理解できるようにいろいろ試すのもおすすめです。

また、「あらかじめ損失額について決めておく」などの対策も可能であり、相場が急変動した際にも損失リスクを抑えられるなどのメリットがあります。証券会社によっては「デモトレード」を用意しているところもあるため、これまでにFXの経験がない方はデモトレードに触れておくとノーリスクでFXについて勉強することが可能です。

FXの注意点3.レバレッジをかける際は慎重に判断する

FXに慣れてくるとレバレッジをかけた取引をするようになりますが、どれくらいの倍率でレバレッジをかけるかについては慎重に判断しなければなりません。

確かにうまく投資ができて利益が発生すればメリットは大きくなりますが、損失が出た際にはデメリットが大きくなります。損失額があまりにも大きくなるとロスカットや追証の可能性も出てくるため、始めたばかりのときはあくまでも自己責任の範囲でレバレッジをかけましょう。

「ロスカット」や「追証」が起こると追加で証拠金を入れる必要があるため、自分で想像しているよりも大きな問題やトラブルに発展する可能性があります。このような事態を避けるためにも、レバレッジをかける際には慎重に判断することが大切です。

また、レバレッジ倍率についても最初は小さい倍率から始めて、自身の状況に合わせて段階的に高くしていくようにしましょう。

初心者向けFX入門まとめ

FXはレバレッジをかけて取引をおこなうのが一般的なので、少ない自己資金から始めても大きな利益を生み出せる可能性を持っています。ただし、反対に損失が発生した際にはロスカットや追証となってしまう可能性もあるため、FXのリスクについても把握しておくことが大切です。

FXを始めとする各種投資では、損失した際にその損失分を取り返そうと熱くなるのではなく、自分自身をコントロールしながら取り組まなければなりません。

FXのメリット・デメリットについても自分で理解して、ライフスタイルや投資方針などを総合的に考えながらおこなうようにしましょう。わからない点や気になる点については放置せずに、しっかりと理解してから進めるのが投資リスクを抑えることにつながります。

出典

金融庁 外国為替証拠金取引について

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集