更新日: 2022.03.31 家計

ネットの購入は無駄遣いの温床!? 今すぐチェックすべきインターネットに関わる支出とは

ネットの購入は無駄遣いの温床!? 今すぐチェックすべきインターネットに関わる支出とは
近年、インターネットを利用して買い物をする人が増えてきています。実際にお店に足を運ばずに手軽に買い物できるので便利です。ただし、いくら手軽で便利だからといって制限なくインターネットで買い物をしていると大きな出費となってしまうので注意が必要です。
 
本記事ではインターネットでの買い物の現状と、インターネットで買い物をする際にチェックすべきことを2点解説していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

インターネットを利用した買い物は月額1万6000円

総務省の調査によると、2020年にインターネットを利用した1世帯あたり(2人以上世帯)1ヶ月の支出は1万6339円となっています。内訳の上位は、1位食料、2位衣類、3位旅行と続いています。1年間の支出に換算すると20万円近くになるため、決して無視して良い金額ではないでしょう。
 
インターネットでの買い物は簡単に行える分、無駄なものを買ってしまったり、そのときの気分に流されてついつい本来必要な分以上に買ってしまったりすることも多くなってしまうので気をつけましょう。
 

インターネットを利用した買い物をする場合にチェックすべきこと2選

インターネットを利用して買い物をする場合、チェックすべきことを2点紹介します。
 

チェック事項1 本当に今必要なものか

インターネットで買い物するのは非常に手軽で簡単です。自宅で好きなときにパソコンから行えるほか、外出時でもスマートフォンから簡単に商品を選べます。こうした買い物の手軽さにより、本来必要ないものを買ってしまう可能性があるので要注意です。
 
特に、ショッピングサイトではサイトに訪れた人にいろいろな商品を買ってもらうための仕掛けをたくさん用意しているため、甘い文句に乗せられて感情を動かされないようにすることが重要です。
 

チェック事項2 割高な価格になっていないか

インターネットでの買い物は、人件費がかかる実店舗での価格に比べて安くなっていると思いがちですが、実際には必ずしもそうとはいえません。お買い得のように見えても実際にはスーパーなどの店舗で買うほうが安い場合も多くあるため、「本当に安い価格なのか」ということをきちんと確認してから買い物をするようにしましょう。
 

手軽さや便利さを理解して賢くインターネットでの買い物をしよう

パソコンやスマートフォンから手軽に買い物できるのがインターネットショッピングの魅力ですが、何も考えずに買い物をしていると無駄遣いにつながってしまいます。平均的な世帯では年間約20万円をインターネットでの買い物にお金を使っているため、買い物をするときは自制心を持っておくことが必要です。
 
インターネットでの買い物をする際は「本当に今必要なものなのか」「割高な価格になっていないか」をしっかりと確認し、賢く利用していきましょう。
 
出典
総務省 家計消費状況調査年報 令和2年
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行