更新日: 2022.11.14 家計

電気会社とガス会社の乗り換えで家計の節約。見直す場合に注意しておきたいこととは?

電気会社とガス会社の乗り換えで家計の節約。見直す場合に注意しておきたいこととは?
電力・ガスの自由化がスタートし、現在契約中の会社から他社への乗り換えを検討する人も多くいます。電気・ガスの使用状況や家族構成に合わせた会社に乗り換えることで、家計の節約につなげられることも多いでしょう。ただ、こうした乗り換えの際、トラブルが発生することもあるため注意が必要です。
 
そこで、この記事では電気会社・ガス会社の乗り換えを検討する際に注意しておきたいポイントを紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

電気会社・ガス会社の乗り換えを検討する際に注意すべきポイント4つ

電気会社・ガス会社の乗り換えを検討する際には、いくつか注意すべきポイントがあります。ここでは、乗り換え時のトラブルを避けるため、注意しておきたいポイントを4つ紹介します。
 

・セット割引を利用する場合は確認の手間がかかる

電気会社・ガス会社の乗り換えをするだけであれば、そこまで手間はかかりません。注意したいのは、お得なセット割引などを利用する場合です。この場合、あわせて関連する通信会社などの契約手続きを行う必要が生じます。また、その関連会社の手続きの前に、契約期間や条件などが設けられているかどうか、内容を確認する手間や時間がかかるため注意が必要です。
 

・電気会社、ガス会社の選択肢が多く混乱しやすい

電力・ガスの自由化にともない、契約先の選択肢が増えました。これはメリットでもあり、デメリットにもなり得ます。というのも、電気会社・ガス会社の数が多すぎると、契約先の判断に悩みやすくなるためです。
 
十分な知識がないと、各社を比較しても結局「どこを選べば良いのかわからない」と混乱してしまうことがあります。どのような目的で乗り換えを検討しているのか条件を明確にして各社を比較し、よく考えて契約先を絞り込んでいきましょう。
 

・解約時に違約金が発生する場合がある

電気会社やガス会社は自由に切り替えが可能です。ただし、会社によっては契約期間が定められており、解約時に違約金などが発生する場合があります。各電気会社・ガス会社によっても契約期間や違約金の有無、金額などは異なります。契約条件をしっかりと確認したうえで解約するタイミングを検討しましょう。
 

・プランによってはかえって電気代・ガス代が高くなる可能性がある

電力やガスの自由化にともない、各社ではさまざまな契約プランを提供しています。契約プランを選ぶ際は、家族構成や電気の使用量、ライフスタイルなどを加味することがポイントとなります。単純に契約プランを切り替えるだけでは、必ずしも節約になるとは限りません。
 
電気やガスの使い方と合わないプランを契約すると、かえって「切り替え後は費用が高くなってしまった」と節約に失敗してしまうケースもあります。会社によってはホームページ上で料金シミュレーションを用意しているところもあるため、契約前にチェックしてみることがおすすめです。
 

注意点を踏まえて電気会社・ガス会社の切り替えを検討しよう!

電気会社・ガス会社の乗り換えによって、効果的に電気代やガス代の節約につなげられる可能性があります。ただし、会社を乗り換える際は選択肢が多くて混乱したり、会社によっては解約時に違約金が発生したりすることもあります。
 
また、よく考えずに乗り換えをすると、契約プランが合わずかえって電気代やガス代が高くなるおそれもあるため注意が必要です。紹介した注意点を踏まえて、慎重に電気会社やガス会社の切り替えを検討しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード