更新日: 2022.12.02 その他家計

車を持たない理由第1位が「お金」! 車種ごとにそれぞれにかかるお金を徹底比較

車を持たない理由第1位が「お金」! 車種ごとにそれぞれにかかるお金を徹底比較
近年、日本では車の所有率が減少傾向にあり、特に若者の間で車離れが進んでいるといわれています。たしかに車を購入するには大金が必要ですが、購入費以外にも必要なお金にはどんなものがあるのでしょうか。
 
この記事では、維持費などの車にかかるお金について解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

車の維持費を無駄と考える人が多い

株式会社NEXER(東京都豊島区)が2021年2月、全国の男女計2362人を対象に「車」に関するアンケート調査によると、「車を持ちたいと思わない理由」として、車を持っていない方461人のうち6割が「お金が掛かるから」という回答でした。
 
さらに「お金が掛かるから」と回答した173人に、車にかかる費用のなかで最も「ムダ」「損」だと思うものについて聞いたところ、「税金」が30.6%で最も多くなり、「駐車場代」が22.5%と続きました。
 
車の維持費には以下のものがあげられます。
 

・税金
・駐車場代
・車検費用
・メンテナンス費
・保険料
・ガソリン代

 

税金

「自動車税」と「軽自動車税」、「自動車重量税」があります。
 
普通自動車は自動車税、軽自動車は軽自動車税が、毎年4月1日時点で自動車の所有者にかかります。自動車重量税は、車の重量に対して支払う税金で、重量0.5トンごとに課税され、納税は車検時に前払いします。
 

駐車場代

駐車場代は車を駐車するスペースを確保するために必要な費用です。自宅の敷地に駐車できれば費用はかかりませんが、月極などの駐車場を借りれば利用料金が発生します。
 

車検費用

車検費用は新車購入から3年後、その後は2年ごとに受ける定期点検の費用です。車検は車の維持費のなかでも大きな出費の一つで、費用は車種や車の状態、業者によっても異なります。相場は数万〜10万円程度となっています。
 

メンテナンス費

故障やトラブルが生じた場合に修理代が必要となります。またメンテナンス費としてタイヤやオイルなどの消耗品の交換に使う費用も発生します。
 

保険料

保険料には「自賠責保険料」と「任意保険料」があります。自賠責保険料は原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務付けられており、自動車の購入時や車検時に対象期間分をまとめて納付します。
 
しかし、自賠責保険は対人補償しかありません。そこで任意保険に加入すると、自賠責保険では対象外の損害をカバーされるので、多くの人が加入しています。
 
保険料について、自賠責保険は用途や車種などから決められており、どの保険会社でも保険料は一律ですが、任意保険の保険料は運転手の年齢や車種、補償される運転者の範囲などによって異なります。
 

ガソリン代

ガソリン代は車の走行において欠かすことのできない、日常的に発生する費用です。月々かかる費用は、車種や運転の頻度、走行距離、ガソリン価格などによって変動します。
 

車の年間維持費

もし車を購入する際、税金や保険料など、車の維持費がどれくらいかかるのかを把握しておけば、前もって準備ができるため、いざというときに焦らずに済みます。
 
税金は車両の大きさや排気量により設定されています。また、燃費のよさはガソリン代に直結する重要なポイントです。車の種類によって維持費に違いが出ることを知っておきましょう。
 
以下で、これらの維持費が普通車・軽自動車・ハイブリッド車などの車種でどれだけ変わるのか見ていきましょう。
 

普通車の年間維持費

・任意保険料 約10万円
・ガソリン代 約12万円(年間走行1万キロメートル、ガソリン代1リットルあたり160円として)
・駐車場代 約10万円
・メンテナンス費  約5万円
・車検費用 10万円前後(重量税・自賠責保険含む。車検費用は2年間でかかる費用)
・自動車税 3万500円
 

軽自動車の年間維持費

・任意保険料 約7万円
・ガソリン代 約8万円(年間走行1万キロメートル、ガソリン代1リットルあたり160円として)
・駐車場代 約10万円
・メンテナンス費 約5万円
・車検費用 7万円前後(重量税・自賠責保険含む。車検費用は2年間でかかる費用)
・自動車税 1万800円
 

ハイブリッド車の年間維持費

・任意保険料 約6万円
・ガソリン代 約4万8000円 年間走行1万キロメートル、ガソリン代1リットルあたり145円として
・駐車場代 約10万円
・メンテナンス費 約5万円
・車検費用 約10万円(重量税・自賠責保険含む。車検費用は2年間でかかる費用)
・自動車税 3万500円
 

まとめ

普通車・軽自動車・ハイブリッド車それぞれにかかるお金を比較しました。車の種類によって、購入代金だけではなく、維持費も大きく変わってきます。車を購入する際は、ライフスタイルや好みに応じて、自分にぴったりの車を選ぶようにしましょう。
 

出典

株式会社NEXER 「車」に関するアンケート実施
国土交通省 車検費用の内訳
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部