更新日: 2022.12.09 その他家計

「家賃も物価も高い」!? 東京に住むメリットって実際どんなものがあるの?

「家賃も物価も高い」!? 東京に住むメリットって実際どんなものがあるの?
話題のスポットやお店が集まるなど、華やかな印象の東京。就職・進学・引っ越しなどで上京を考える人も多いのではないでしょうか。ただ、東京に住むにあたり、気になるのが家計への影響です。東京は家賃や物価が高いと思われがちですが、その反面多くのメリットもあります。そこで、この記事では東京に住むメリットについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

実はコスパがいい? 東京に住む4つのメリット

ここでは東京に住むメリットを紹介します。
 

・求人が多く仕事を探しやすい

東京に住む大きなメリットとして、選べる仕事が豊富なことが挙げられます。地方ではそもそも企業の数が少なく、思うように仕事が見つからないケースも少なくありません。
 
一方、東京には多くの企業が拠点を構えています。仕事の種類や求人数が豊富なため、幅広く選択肢を持つことができます。自分のやりたい仕事や興味を持つ仕事に就ける可能性が広がることがメリットといえるでしょう。
 

・賃金が高い

東京は物価が高く、人口密度が高い都市といえます。そのため、賃貸物件の家賃相場も高い傾向です。ただ、家賃が高い反面、賃金も高いことで知られています。
 
東京労働局が発表した「令和3年3月新規学校卒業者の求人初任給調査」によると、初任給の平均は大学卒業者の場合約21万円、短期大学卒業者の場合約19万6000円、高校卒業者の場合約17万9000円となっています。なお、これらは残業代や手当てなどが含まれていない金額です。東京に移住して収入が上がれば、家賃が高くなっても大きな負担を感じにくいでしょう。
 

・お店の数が多い

東京には数多くのお店が軒を連ねています。住む場所によっては、徒歩圏内にスーパーをはじめコンビニやドラッグストアなど複数の店舗に立ち寄れることもあるでしょう。それぞれ店によって商品の価格は異なるため、最も安いところを厳選して購入することもできます。比較対象が豊富なこともメリットの一つです。
 

・交通の便が良くマイカーなしでも不便さを感じにくい

地方の場合、どうしてもマイカーがないと移動が不便になるという地域もあるでしょう。一方、東京23区は公共交通が発達していることがメリットです。電車や地下鉄、バスの本数が多くスムーズに乗車できるため、必ずしもマイカーを所有しなくても生活の不便さは感じにくいでしょう。
 
また、車を所有すると保険や駐車場、車検などにさまざまな費用が発生します。このような維持費は車を実際に使用しなくてもかかる固定費であり、支出の大きな原因の一つです。東京でマイカーを持たずに過ごせば、これらの支出を削減できます。必要に応じてカーリース、自転車のシェアリングなどのサービスを活用することもよいでしょう。
 

メリットを把握して東京に住むことを検討してみよう

東京は家賃や物価が高いと捉えられがちですが、一方で賃金も高い傾向にあります。また、求人数や仕事の種類も多いことが特徴です。興味のある仕事や給料が高い仕事など、自分の希望に合わせて仕事を選びやすいというメリットがあります。交通の便が良く、マイカーがなくても便利に行動できる点も魅力です。メリットを加味した上で東京に住むことを検討してみてはいかがでしょうか。
 

出典

東京労働局 学卒者の初任賃金

 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部