更新日: 2023.05.06 家計の見直し

月給で手取り18万円。家賃や食費・光熱費など、1人暮らしの理想的な家計バランスは?

月給で手取り18万円。家賃や食費・光熱費など、1人暮らしの理想的な家計バランスは?
生活するうえで大切なことは、家計バランスです。家賃や食費、光熱費など各項目の出費が高すぎると、生活が苦しくなってしまいます。
 
そこで本記事では、手取り18万円で1人暮らしの人を例に理想的な家計バランスを解説し、家計の見直しに役立つ情報をご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年収250~300万円における消費支出

年収250~300万円程度の方は、毎月の手取りが約18万円となり、生活費のやりくりが重要な課題です。どのように家計をバランスよく運用すればよいのでしょうか。
 
家計のなかでの出費は、家賃や食費、光熱費、娯楽費など、さまざまな項目があります。項目ごとに、出費が高すぎるラインはいくらからか、高い場合どのように抑えればよいのかについて、以下で解説していきます。
 

家賃

家賃の適正ラインは、一般的に手取りの3分の1以下といわれています。手取り18万円の場合は、月6万円以下です。もし、収入の3分の1以上を家賃に充てている場合は、貯蓄や生活費に支障が出てくる可能性があります。家賃を抑えるためには、地価や立地、広さなどを考慮したうえで、自分に必要な条件を優先することが大切です。
 

食費

食費の適正ラインは、手取りの15%程度とされています。手取り18万円の場合は、月2万7000円です。食費を抑えるためには、スーパーでの値引き品や特売品を活用する、食材の在庫を把握して無駄な買い物をしない、食材の消費期限に注意して無駄を減らす、などが有効です。
 

光熱費

世帯人数や居住地域などによって異なりますが、適正ラインは、手取りの4~6%程度とされています。手取り18万円の場合は、7200~1万800円です。節約するためには、電気やガスの使用量を把握し、無駄な使用を避けること、LED照明への切り替え、エアコンの設定温度を調整することなどが有効です。
 

娯楽費

娯楽費の適正ラインは、手取りの10~20%程度です。手取り18万円の場合は、月1万8000~3万6000円です。娯楽費を抑えるためには、映画やコンサートなどのイベントでの割引情報を確認する、外食や飲み会の頻度を減らす、お金のかからない趣味を始める、などが有効です。
 

貯蓄

余った金額を貯蓄するよりも、あらかじめ貯蓄する金額を設定しておきましょう。名著「バビロンの大富豪」には、収入の1割を貯蓄せよと記載があります。それに従うと、目指したいラインは1万8000円です。
 
いずれの項目でも、自分に必要な条件を優先し、無駄な出費を避けることが大切です。また、家計簿をつけて支出を把握することで、改善点をみつけることができます。
 

理想的な家計バランスで生活を楽しもう!

生活していくうえで、家計のバランスはとても重要です。生活費を上手に管理し、各項目の出費を適切に抑えることで、より快適な生活を送ることができます。まずは、家賃や食費、光熱費など各項目の出費が高すぎないかチェックしましょう。
 
また、生活に必要なもの以外の無駄な出費を減らし、貯蓄を積極的に行うことも大切です。理想的な家計バランスを目指して、今すぐ行動してみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集