更新日: 2023.05.08 働き方

【リフレッシュ時間皆無】残業が月に100時間の睡眠時間と余暇時間をイメージしてみた

【リフレッシュ時間皆無】残業が月に100時間の睡眠時間と余暇時間をイメージしてみた
残業時間が長時間になると、うつ病や過労死のリスクが高くなるといわれています。
 
「残業時間が月に100時間」といわれてもピンとこないかもしれませんが、こうした勤務を続けた場合の、1日あたりの残業時間や生活サイクル、また、睡眠時間や余暇時間は取れるのかについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

残業100時間の1日は?

単純に月の残業が100時間の場合、週休2日、月に20日働くとして、100時間÷20日=5時間となり、1日の残業時間は5時間となります。毎日、5時間程度残業をしていると100時間を超えてしまうことになります。
 
1日5時間の残業をした場合の、1日のスケジュールをみてみましょう。
 
<勤務時間:9~18時、休憩1時間、週休2日の場合>
定時である8時間働いて、さらに5時間残業をすると、退社時刻は23時を超え、1日の労働時間は13時間になります。
 
通勤に1時間以上かかるところに住んでいると、往復だけで2時間以上かかってしまいます。仕事を終えて帰宅すると0時をまわっていでしょう。1日は24時間なので、残りの8時間で睡眠、食事、入浴などをする必要があります。
 
睡眠時間は4~5時間ほど取れればよい方でしょう。厚生労働省の資料によると、4、5時間睡眠が1週間以上続き、かつ睡眠不足の自覚が明らかな場合、精神疾患発症、特にうつ病発症の準備状態の可能性が高まるとされています。
 
上記のスケジュールでは、テレビを見る時間はおろか、生きていくのに最低限のことしかできない状態になります。平日5日間働く場合、休日は休養の時間にあてなければ体がもたず、趣味などを楽しむ余暇の時間、リフレッシュする時間は取れなくなります。
 

残業100時間で過労死の可能性が高まる

長時間の労働は疲労が蓄積し、脳・心臓疾患との関わりが強いとされています。時間外や休日労働が月45時間を超えて長くなるほど、発症との関連性が徐々に強まります。
 
厚生労働省が公表している脳・心臓疾患の労災認定基準(過労死ライン)では、1ヶ月間でおおむね100時間以上か、2~6ヶ月間連続して80時間以上の時間外労働が、脳・心臓疾患との発症の関連を評価する目安としています。
 

精神疾患発症のリスクが高まる

まだ自分は若いから多少疲れていても大丈夫と思っていても、月100時間の残業は少しずつ、確実に精神、および身体にダメージを与えます。
 
特に長時間労働による睡眠不足は心身に多大な悪影響があります。月100時間の残業が続く生活の場合、十分な睡眠時間は確保できず、たとえ休日に寝だめしても慢性的な疲労を感じる、頭が重いという状態になる可能性があります。
 
長時間の残業によってストレスがたまり、うつ病や精神疾患を発症するリスクも高まります。初めは自分でも気づかない程度かもしれませんが、病院に行ったら重度のうつだったということもあります。だるい、眠れない、朝に起きられない、仕事に行くのがつらい、何をしても楽しめないといった症状があれば、早めに病院に行くようにしましょう。
 

まとめ

月の残業時間が100時間を超えると睡眠時間は短くなり、リフレッシュする時間はほとんどとれなくなります。自分は大丈夫と思っていても心身に与えるダメージは多大であり、過労死や精神疾患発症のリスクを高めてしまいます。
 
残業時間が長い場合は、生活と健康に今まで以上に注意するとともに、長時間労働そのものの改善を考えましょう。
 

出典

独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 長時間労働者の健康ガイド
厚生労働省 過労死等防止啓発月間
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集