更新日: 2023.05.16 家計の見直し

4人家族で生活費が月30万円だとしたら「食費」の妥当な額はいくら?

4人家族で生活費が月30万円だとしたら「食費」の妥当な額はいくら?
食費の高騰が続く中、どのように節約をしたらいいか頭を悩ませる人は多いのではないでしょうか? 食費は毎月必ずかかるものであり、節約するには限度があるかもしれません。特に、育ち盛りの子どものいる世帯だと、食費を抑えるのはなかなか難しいものです。

この記事では、4人家族が30万円で生活する場合の妥当な食費や節約について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

4人家族の場合の平均的な食費は?

総務省統計局がまとめた「家計調査報告」(2023年3月分)によれば、30万円ほどで生活する2人以上の世帯の食費は8万円強です。生活費の中で食費が占める割合は、3割ほどになります。1ヶ月30日として1日あたりに換算すると、3000円近い金額です。
 
ただしこの調査では、住居費はわずか1万7315円ほどになっています。賃貸物件に住んでいる世帯や住宅ローンを抱えている世帯だと、住居費がこれよりも高くなるのが一般的です。そのため、実際には食費を8万円よりも抑える必要が出てくるでしょう。
 
この調査で出た数字は、あくまで平均の食費です。実際にはこれより多い世帯もあれば、少ない世帯もあります。自分の家の食費と比べてみて、平均よりも大きく上回る場合は見直してみたほうがいいかもしれません。特に、賃貸物件に住んでいるなど住居費にお金がかかる世帯は、8万円より抑えた額が妥当といえます。
 

食費を節約するには?

食費を抑えるといっても、食品価格が高騰している中ではなかなか難しいかもしれません。そこで、無理をせずにできる節約術を紹介していきます。
 

購入日を決めてまとめ買いをする

無駄な出費を抑えられる方法といえば、まとめ買いをすることです。1回あたりの予算と買い物をする日も決めておくと、さらに計画的に購入できます。
 

買い物リストをもとに購入する

買い物に行くときは、必ず購入リストを作成しておきましょう。もちろん、その前に冷蔵庫の中をチェックすることを忘れてはいけません。こうすることで、必要なものだけを無駄なく購入できます。
 

プライベートブランドを中心に買う

プライベートブランドとは、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、本来は商品開発や製造をしない小売店や卸売業者などが独自に出している製品のことです。プライベートブランドは、全体的に価格が安いというメリットがあります。通常は食品メーカーなどが製造を担っていることが多く、製品自体には問題ありません。
 

作り置きをする

作り置きをすると、期限内に消費する必要が出てくるので、外食などの出費を抑えやすくなります。副食やお弁当のおかずなど、可能なものはまとめて作っておくと、食事を用意するときの時短にもなる上に、光熱費の節約も可能です。特売で野菜などをまとめ買いしておき、たくさん作って保存しておきましょう。
 

ポイントアップやキャンペーンに飛びつかない

ポイントアップやプレゼントなど、キャンペーンがあるとついつい買いすぎてしまうことは多いものです。ポイントアップはクリアしたものの、いつもより食費が増えていたというケースも少なくありません。
 

節約だけではなくメリハリも大切

節約することは大切ですが、安く抑えるだけではストレスになります。子どもの誕生日など、家族の記念日や年末年始といったイベントは、それなりに予算をかけて食事を楽しむことも必要です。
 
抑えるところは抑え、節約できた分で少しぜいたくな食材を買ったり、家族で外食したりと、メリハリを持たせましょう。家族が気づかない部分で費用を抑えるのが、理想的な節約といえます。
 

出典

総務省 家計調査報告 -2023年(令和5年)3月分及び1~3月期平均-

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行