更新日: 2023.05.17 家計の見直し

「10年前の冷蔵庫」は買い替えるとどれだけ「節約」になる? 電気代を比較!

「10年前の冷蔵庫」は買い替えるとどれだけ「節約」になる? 電気代を比較!
「月々の電気代が高い」と悩んでいるなら、冷蔵庫の買い替えが効果的です。現在、10年以上前の古い冷蔵庫を使っているなら、最新のものに買い替えるだけで、かなりの電気代を節約できます。
 
冷蔵庫を買い替えたときの電気代の節約額、他の家電製品より冷蔵庫の買い替えを優先したほうがよい理由、誰でもできる省エネ冷蔵庫の選び方について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

最新の冷蔵庫の電気代は10年前の冷蔵庫に比べて約40%以上安い

冷蔵庫は購入したら、なかなか買い替えるものではありません。10年、20年と使い続ける人も多いことでしょう。このような場合は、冷蔵庫の買い替えによって電気代を節約できます。
 
一般財団法人家電製品協会の試算によると、10年前の冷蔵庫を最新のものに買い替えれば、電気代を約39~46%減らせます。年間の電気代に換算すると約5300~7160円です。
 
また、環境省の試算によると、20年前の冷蔵庫を最新のものに買い替えた場合、年間約1万4000円の節約になります。これらのシミュレーションは、平均的な電気使用量の世帯において401~450Lの冷蔵庫を使った場合を想定しています。
 
こうして考えてみると、一見高い買い物である冷蔵庫も安く感じるのではないでしょうか。仮に10年前の冷蔵庫を10万円の最新冷蔵庫に買い替えたとします。
 
この場合、10年間で「7160円×10=7万1600円」節約できますから、差額は2万8400円となります。「10年間使えば実質3万円弱」と考えれば、買い替えを前向きに検討できる人も多いのではないでしょうか。
 

 

冷蔵庫の買い替えを優先したほうがよい理由

「エアコンやテレビを買い替えたほうが電気代を節約できるのでは」と考える人もいるかもしれません。しかし、一般的な電気の使い方をした場合、冷蔵庫の買い替えが最も効果的です。
 
環境省のデータによれば、消費電力量の割合は冷蔵庫が14.2%でトップ、続いて照明器具13.4%、テレビ8.9%、エアコン7.4%の順になっています。電気代を常に消費し続ける大型家電の冷蔵庫は、電気代の節約効果が特に高いのです。
 

節約できる冷蔵庫の選び方

節約できる冷蔵庫を選ぶには、どうしたらよいのでしょうか。家電のスペック表を見ても、よく分からない人もいるでしょう。しかし、現在は「統一省エネルギーラベル」というラベルを見れば、誰でも簡単に、省エネの冷蔵庫を見極められるようになっています。
 
統一省エネルギーラベルとは、省エネ性能を1~5の星で評価しているラベルです。星の数が多くなるほど省エネ家電であることを示します。例えば、星2つと星5つの冷蔵庫では、年間電気代にすると4200円ほど差があります。星が多いほど価格帯は高くなりますが、電気代の節約分を考えると、選択肢が広がるでしょう。
 
また、電気代の目安を知りたいときは、統一省エネルギーラベルの「年間目安エネルギー料金」という欄をチェックします。「この製品を1日(1日に5.5時間)使用した場合の目安電気料金1200円」などと記載されていますので、同じ星の製品どうしを比較するときなどに役立ちます。
 
最後に冷蔵庫選びで知っておきたいのが、「容量と電気代は必ずしも比例しない」という事実です。例えば、1人用より3~4人用の冷蔵庫のほうが、電気代が安い場合は珍しくありません。家族の人数、買い置きの量などに合った冷蔵庫の中で、電気代が安い製品を探すとよいでしょう。
 

冷蔵庫の買い替えは節約に効果的

冷蔵庫の省エネ性能は進化しており、古い冷蔵庫を最新のものに買い替えるだけで、かなりの電気代を節約できます。電気使用量の多くを占めている冷蔵庫を買い替えれば、高い節約効果を期待できるでしょう。
 
省エネ冷蔵庫ほど価格は高くなりますが、節電額を考えると購入の選択肢は広がります。統一省エネルギーラベルも参考にしながら、自分にぴったりの冷蔵庫を選びましょう。
 

出典

経済産業省・資源エネルギー庁 統一省エネラベルが変わりました
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集