更新日: 2023.05.19 その他家計

新社会人が知っておくべき「お金の基礎知識」とは? 「給与と手取り額の違い」などあなたはどれだけ知っていますか?

新社会人が知っておくべき「お金の基礎知識」とは? 「給与と手取り額の違い」などあなたはどれだけ知っていますか?
新社会人として働き始めると、自分でお金を管理する必要があります。給与や手取り額、社会保険料、住民税など、お金に関する基礎知識を押さえておかなければ、不必要な出費や損失を招くことになりかねません。
 
ここでは、新社会人が知っておくべきお金の基礎知識について紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

給与と手取りの違い

まず、給与と手取りの違いについて説明します。
 
給与とは、企業や組織から支払われる、基本的な報酬のことを指します。月給や時給などの形で支払われることが一般的です。
 
一方、手取りとは、実際に手元に入る収入のことを指します。手取りは、給与から各種控除(所得税、住民税、社会保険料、年金など)を引いた額となります。
 
社会保険料は、健康保険や厚生年金保険、介護保険など、社会保険に加入するために支払う保険料のことを指します。社会保険に加入することで、病気やけがなどのリスクを分散し、安心して生活できます。
 
住民税は、市区町村が課税する税金のことを指します。住民税の額は、市区町村によって異なりますが、給与所得者は年収に応じた納税額が決められます。
 

保険の加入には注意!

新入社員が入る4月は、保険会社や保険代理店が、新入社員をターゲットにした保険募集に力を入れてくることがあります。しかし、保険の加入には注意が必要です。
 
まず、保険を設計する際には、自分が受けられる公的保障を知る必要があります。公的保障を無視した保険設計は無駄が大きくなります。したがって、まずは自分が受けられる公的保障を確認し、必要に応じて補完する形で保険に加入することが大切です。
 
次に、保険の内容をよく理解することが重要です。見積書や説明書を読み、自分にとって必要な保障や補償内容を確認しましょう。
 
内容が分からないような不要な保険であれば、ただの無駄遣いになってしまいます。保険料は自分で支払うことになるので、がんばって稼いだ給料を減らすことになりかねません。
 
最後に、付き合いをタテにした保険の加入は避けるようにしましょう。保険は自分自身のために加入するものであり、付き合いを優先する必要はありません。保険の加入には冷静な判断が必要です。
 

まとめ

新社会人として働き始める際には、お金の基礎知識を身につけることが大切です。本記事では、給与と手取りの違いや社会保険料、住民税など、把握しておくべきお金の基礎情報を紹介しました。
 
自分自身の収入や支払いについて正確な情報を把握し、無駄な支出を避け、冷静な判断しましょう!
 

出典

日本年金機構 厚生年金保険料額表

総務省 個人住民税

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集