更新日: 2023.05.19 働き方

雇用契約書に「残業なし」とありますが残業させられます。すぐに「退職」することはできますか?

雇用契約書に「残業なし」とありますが残業させられます。すぐに「退職」することはできますか?
「残業なし」という雇用契約書や求人情報を見て、職場を選ぶ人も多いのではないでしょうか? しかし、実際に働いてみると残業がある場合もあるでしょう。この場合、すぐに退職できるのかは気になるところです。
 
本記事では、雇用契約書に残業なしと記載があったにもかかわらず残業させられた場合に、すぐに退職できるのか、解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

原則は退職までに2週間かかる

労働者は民法627条1項によって「退職の自由」が保障されています。これによると、退職の意思を示してから2週間がたつと雇用契約を終了させることが可能です。つまり、原則として労働者が退職するためには2週間かかるということになります。
 

労働基準法15条違反であればすぐに退職可能!

雇用契約書と実際の労働条件が異なる場合、すぐに退職をしたいと考える場合も多いと思います。このような場合でも2週間待たなければ退職することはできないのでしょうか?
 
雇用契約書に残業なしと記載があったにもかかわらず残業させられた場合であれば、労働基準法15条違反となる可能性が高いです。
 
労働基準法15条では、労働条件の明示が義務づけられています。この労働条件の中には始業・終業時刻に関するものや休憩、給仕に関するものも含まれます。そのため、雇用契約書と実際の労働条件が違う場合は労働基準法15条違反です。
 
事例のように明確な労働基準法15条違反であれば、2週間待たずに即日退職することが可能です。
 

求人情報と実際の労働条件が異なる場合はどうなる?

求人情報と実際の労働条件が異なる場合も考えられます。この場合も即日退職することは可能なのでしょうか?
 
2022年10月から職業安定法が改正されています。その中で注目したいのが「求人等に関する情報の的確な表示」が義務づけられたところです。この改正によって、求人においても虚偽の情報や誤解を招くような情報の表示ができなくなっています。
 
例えば、求人情報に「残業なし」と記載されていた場合、実際の労働条件と異なることを示すことができれば、企業や職業紹介事業者を訴えることが可能です。
 
しかし、退職についての規定はないので、求人情報と実際の労働条件が異なる場合も即日退職することは難しいといえます。求人情報とあわせて雇用契約書についても労働条件と異なる場合は、前述のように即日退職できるので、まずは労働条件を確認することが大切です。
 

雇用契約書をしっかりと確認することが重要

本記事では、「雇用契約書に残業なしと記載があったにもかかわらず残業させられた場合に、すぐに退職できるのか」について解説しました。このような場合は、労働基準法15条違反に該当すると考えられるので、即日退職することが可能です。しかし、求人情報と実際の労働条件が異なる場合は、即日退職することは難しいことを覚えておきましょう。
 
まずは、雇用契約書と実際の労働条件が同じなのか、確認することが重要です。自身の場合はどうなっているのか、確認してみましょう。
 

出典

厚生労働省 労働基準法の基礎知識

e-Gov法令検索 労働基準法

厚生労働省 職業安定法 改正のポイント

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行