更新日: 2023.05.22 働き方

会社から早朝出勤で「机拭き」や「仕事」を指示されたら違法?「残業代」は支払われる?

会社から早朝出勤で「机拭き」や「仕事」を指示されたら違法?「残業代」は支払われる?
会社によって「新人は朝早くに来て机を拭け」と指示されたり、「他の人たちよりも早く来て少しでも仕事を進めておけ」と指示されたりする場合は現在でも少なくありません。
 
新人時代はそういったものかと疑問をもたずに朝早くに行って、上司や先輩から指示された内容をこなしている人も多いでしょう。しかし、実際には会社側が朝早くに来て雑用や仕事を指示するのは違法な可能性も考えられ、状況によっては大きな問題に発展する可能性もあります。
 
本記事では、会社が社員に対して朝早くに来て仕事をするように指示することが、違法にあたる場合とあたらない場合について解説するので、参考にしてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

朝早くに来るのが違法にあたるかどうかについて

朝早くに社員が会社に来て仕事しているのが違法にあたるかどうかはケース・バイ・ケースであり、状況によっては違法になってしまう点は把握しておきましょう。
 
基本的な考え方としては、朝早くに会社に行った分も給料を支払っているなら問題なく、会社指示で朝早くに行っているにもかかわらず給料が支払われていないなら問題になります。会社指示で朝早くに会社に行き、業務上の指示として従っているなら従業員は給料をもらう権利が発生するでしょう。
 
給料の支払いとして考えられるのは朝早くに会社に行っている分を早朝出勤として扱い、時間外手当を支払う、朝早くに出勤した分を繰り上げて退勤時間を早くするなどの方法があげられます。どのような方法を選択するかは企業によって異なるため、会社が従業員に朝早くに出勤するように指示しているなら給与面で責任を追うことが必要です。
 
一方で、自分の意思で朝早くに会社に行って仕事せずにのんびりと時間を過ごしているなら、仕事をしているとはいえないので給料が発生しません。
 
人によっては出勤時間ギリギリに会社に到着するのを嫌がって、始業時間よりも早い時間に行ってコーヒーを飲んだり、新聞を読んだりして時間をつぶしている場合も考えられます。あくまでも自分の意思で朝早くに出勤している場合、会社指示で来ているのではなくて自分の意思で来ているので給料は発生しません。
 
そのため、会社指示で朝早くに机を拭いたり掃除をしたりするのは、仕事と捉えられます。しかし、新入社員が朝早くに会社に行くのは慣習として根強く残っているため、いまだに給料を支払わずに出勤させている場合が多いです。
 

朝早くに行っている分は請求ができる?

会社指示によって朝早くに会社に行っている分は本来であると請求できますが、会社の慣習として残っていると相談しても認められないと考えられます。請求したとしても会社側に認められないからと請求しない従業員も多く、近年では未払い賃金として問題になっている場合は少なくありません。
 
交渉方法としては労働組合全体で会社側に対して交渉するか、労働基準監督署や弁護士などの専門家に相談して交渉する方法があげられます。ただし、自分が主になって交渉していると会社に居づらくなるなども考えられるため、実際には会社側と交渉している場合はそこまで多くありません。
 

まとめ

朝早くに会社に行って仕事をするのは違法ではありませんが、退社時間が変わらず労働時間が長くなってしまったり、適切な給料が支払われなかったりすると違反に該当します。重要な点は、「会社からの指示で朝早くに出勤しているかどうか」があげられるでしょう。賃金未払いが発生しているなら、会社側と交渉して支払ってもらうようにする方法もあります。
 

出典

厚生労働省 しっかりマスター 労働基準法 -割増賃金編- 「残業手当」「休日手当」「深夜手当」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

auじぶん銀行