更新日: 2023.05.23 その他家計

リフォームVS建て替え!どっちが安い?それぞれにかかる費用を解説

リフォームVS建て替え!どっちが安い?それぞれにかかる費用を解説
リモートワークの普及や、おうち時間が増えたいま、自宅のリフォームを検討している人もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
そのようななかで問題となるのが、「リフォーム」と「建て替え」の、どちらにするのかの選択です。
 
そこで今回は、リフォームと建て替えにかかる費用をまとめました。費用相場を確認しながら、建て替えとリフォームのどちらがよいのかをみてみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

リフォーム・建て替えにかかる費用相場のまとめ

リフォームと建て替えにかかる費用相場をまとめました。今回は、戸建ての場合の費用になります。
 
【リフォームの場合】
300~2000万円程度が相場です。建物の築年数や構造、リフォーム範囲や業者によっても、費用は大きく異なります。部分的なリフォームであれば、数百万円から可能です。
 
【建て替えの場合】
建て替えの場合は、坪単価70~100万円ほどが建築費用の相場です。例えば、30坪の家を建てるのであれば、2100~3000万円ほどになります。
 
また、建て替えには、上記の建築費用以外にも、元の建物を解体する費用や、地盤調査費用など、別途お金がかかります。
 
さらに、住んでいる家を建て替える場合は、建て替えの前後で2回引っ越しをしなければならず、その分の引っ越し代がかかり、費用が高額になるケースもあります。また、建て替えている間の住居費も別途、必要になるかもしれません。
 
以上のことから、トータルコストを考えますと、リフォームのほうが安く抑えられるといえるでしょう。
 
しかし、築年数が長く、老朽化が進んでいる場合や、耐震などの性能を強化したい場合などは、建て替えも検討する必要があります。状況に応じて、適切なほうを選択しましょう。
 

建て替えよりもリフォームがよい四つの理由

リフォームと建て替えでは、リフォームのほうが、トータルコストを抑えられることが分かりました。では、費用面以外にも、リフォームにしたほうがよい理由はあるのでしょうか?
 
ここでは、建て替えよりもリフォームのほうがよいとされる理由を四つご紹介します。


・費用を抑えられる
・工事期間が短い
・引っ越しする必要がない
・税金を軽減できる

リフォームは、一度解体して建て直すよりも工事期間が短くなります。さらにリフォームは、住みながら作業をすることが可能なため、引っ越す必要がありません。引っ越しは多大な費用と労力がかかるため、大きなデメリットといえるでしょう。
 
また、一定の条件を満たすリフォームは、補助金の支給や、税金の支払いに関しての優遇を受けられます。お得にリフォームできるかもしれないため、リフォームを検討している場合は、事前にお住まいの自治体にて確認しましょう。
 

リフォームの現状 予算でもっとも多いのは100~300万円

次は、リフォームの現状をみてみましょう。住宅リフォーム推進協議会の平成30年度の調査報告書によると、リフォームの動機(戸建ての場合)で一番多かったのは「設備の劣化・グレードアップ(43.3%)」でした。
 
2位は「高齢者が暮らしやすく(28.5%)」3位は「今の家に長く住み続けたい(27.6%)」との理由が並びました。この結果から、快適に暮らせる環境づくりや高齢化社会による影響が、リフォームを検討するきっかけになっていることが分かります。
 
また、リフォームするうえで、検討している予算額の平均は約269万円であり、もっとも多かったのは100~300万円の41.4%、次いで多かったのは50~100万円、300~500万円が同率20.0%でした。
 
リフォームを検討しているが、いくら用意したらよいのか分からない人は、参考にしてください。
 

建て替えよりもリフォームがお得という結果に

建て替えよりもリフォームのほうが、トータルコストを抑えられることが分かりました。また、リフォームは「工事期間が短い」「引っ越しの必要がない」などのメリットもあります。
 
しかし、建物の状態や今後の暮らし向きによっては、建て替えたほうがよいケースもあります。双方のメリット・デメリットを把握して、最適な方法を選択しましょう。
 

出典

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会 刊行物案内 住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査報告書「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査 第 11 回 調査報告書」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集