更新日: 2023.05.23 貯金

50代の平均貯金額とは?「貯金ゼロ」の割合はわりと多い…?

50代の平均貯金額とは?「貯金ゼロ」の割合はわりと多い…?
人生100年時代ともいわれるなか、人生の折り返しとなる50代に入り、あらためて老後について考える人もいるでしょう。安心して老後を送るためには、生活費用を賄えるお金が必要です。老後資金の主な頼りは公的年金ですが、通常は、それだけでは十分ではないために、貯金もしておく必要があります。
 
では、ほかの50代の人たちは、いくらくらいの貯金をしているのでしょうか。この記事では、50代のリアルな貯金額を紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

世の中の50代の平均貯金額はいくら?

各家庭や個人の貯金額は、家族構成や収入額、生活スタイルなどによって大きく変わります。収入が多くても、働き手の人数に対して養う家族が多かったり、子どもの教育にたくさんお金がかかっていたりすれば、十分な貯金をすることが難しくなる場合もあるでしょう。
 
一方、収入が少なくても、お金を多く使う必要や習慣がない人であれば、十二分に貯金ができる場合もあります。そのため、この年代だからこれくらい貯金できると、一概にいうことはできません。
 
しかし、一般的には、年代ごとに迎えるライフイベントが似たものになりやすいため、同年代のほかの人の貯金額を、一つの目安にすることは可能です。
 
ここからは、金融広報中央委員会が公開している「家計の金融行動に関する世論調査[総世帯](令和4年)」のデータに基づいて、考えていきます。なお、この調査では、預貯金や信託、保険、債券、株式、貯蓄などの金融商品すべてを含めた「金融資産保有額」が示されていますので、「金融資産保有額」=「貯金額」として、話を進めていきます。
 
この調査によると、50代の平均貯金額は1199万円です。40代の平均貯金額は785万円となっていて、50代の平均貯金額は40代より400万円以上多くなっています。
 
また、60代の平均貯金額は1689万円で、50代から60代に向けても平均貯金額は高くなっていく傾向があります。そのほかの年代をみても、20代から70代まで、年齢を重ねるにつれて、貯金額を増やしている傾向にあります。
 
ただし、1199万円という数字は、あくまでも平均の金額です。そもそも平均貯金額とは、調査対象者の貯金額をすべて足して、その合計を調査対象者の人数で割った金額を指します。
 
例えば、貯金額が100万円の人が9人と、5000万円の人が1人いた場合、平均貯金額は(100万円×9人+5000万円×1人)÷10人=590万円です。ほとんどの人の貯金額が100万円であるにもかかわらず、その6倍近い金額が平均額として示されます。
 
そのため、極端に多い貯金額や少ない貯金額に左右されない、貯金額の実態を知りたい場合には、中央値の貯金額を確認する方法が有効です。中央値を確認すれば、調査対象者のすべての貯金額を金額順に並べたときに、ちょうど中央にくる金額を知ることができます。
 

平均ではなく中央値をチェック! リアルな50代の貯金額とは

50代の貯金額の中央値は260万円です。50代の平均貯金額が1199万円と知ると、なかには、自分の貯金額の少なさに、大きな不安を覚える人もいるでしょう。しかし、50代のリアルな貯金額の標準は、それよりもかなり少ない金額になります。
 
実際に50代の人は、子どもがいれば、まだ教育費や仕送りで出費が多く、自分のための貯金を十分にできない人も少なくありません。親の介護にお金がかかり始めたり、自身の体調にも不具合が出て、医療費の負担が増えたりする人もいるでしょう。
 
そのようなこともあり、実際には、多くの人が平均を超える貯金をできていません。50代の貯金額の金額の分布をみると、1000万円以上の人が全体の約30%いる一方、100万円未満の人は9.9%、貯金ゼロの人は28.4%もいます。
 
50代の人のうち、約4分の1の人は貯金ができていない状況です。そのため、現状、貯金が少ないという人も、必要以上に悲観することはありません。
 
ただし、老後にお金が必要なことは確かです。50代はまだ、家族にいろいろなお金がかかりやすい年代ではあるものの、その後は、子どもの自立や親の死去などもあって、老後の資金を貯めやすくなる年代に入ります。そのため、50代になったならば、老後に向けた貯金をあらためて考えるのによい時期だと考えて、自分の生活に合った貯金計画を立てるとよいでしょう。
 

60代からがチャンス! 安心して老後の生活を送るためにも貯金は計画的に

老後に必要となるお金は、人によってさまざまですが、一般的には、年金だけでは生活は難しく、貯金ゼロでは、老後の生活は厳しくなります。50代の時点で貯金がゼロ、または貯金額が少ない人は、比較的お金を貯めやすくなる60代からが、貯金をするチャンスです。
 
今後、大きな出費が予想されるものがあれば整理して、老後に必要となるお金をきちんと貯められるように、50代のうちから資金計画を立てて、準備をしておくとよいでしょう。
 

出典

金融広報中央委員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[総世帯] 各種分類別データ(令和4年)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集