更新日: 2023.06.21 家計の見直し

1年間で「50万円」貯める! 簡単にできる節約術5選!

1年間で「50万円」貯める! 簡単にできる節約術5選!
「なぜかお金がたまらない」「将来に向けた貯蓄ができていなくて不安」など、お金に関する悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、1年間で50万円ためるために検討したい「簡単にできる節約術5つ」を紹介します。
 
お金をためられずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

まずは節約の目的を考えよう

やみくもに節約を始める前に、まずは節約の目的を考えることから始めましょう。「子どもに良い教育を受けてほしい」「年に一度は家族旅行に行きたい」「老後に豊かな生活を送るため」など、節約によって達成したい目的や目標を決めましょう。
 
目的があるのとないのとでは、モチベーションが違います。ただ漠然とお金をためたいというだけでは、どこかで挫折してしまうかもしれません。必ず、最初に節約の目的を考える時間をとりましょう。
 

簡単にできる節約術5選

では次に、簡単にできる節約術を5つ紹介します。
 

1.家計簿をつける

まずは、家計簿をつけましょう。「年収を上げるために転職活動をしているのに、今の年収がわからない」という人はほとんどいないと思います。節約も同じです。「お金をいくら使っているのかわからないのに、節約をしたい」というのは無理があります。
 
家計簿をつけていない人は、家計簿をつけることから始めて自分の支出を確認してみてください。クレジットカードの支払いは、支払明細をアプリなどで確認できる場合もあります。
 
まずは、自分がどれくらいのお金を何に使っているのかを、支払い明細、レシートなどで確認してみてください。これをするだけで、日々の節約の意識が変わる人もいるでしょう。
 

2.サブスクサービスを見直す

次に、サブスクリプションで利用しているサービスを見直しましょう。サブスクリプションで利用しているサービスは、一度見直せば毎月の支出を必ず減らせます。月1000円のサービスを解約すれば年間に1万2000円の節約が可能です。
 
特に、動画視聴サービスなどを複数契約している人は、利用サービスの数を減らせないか検討してみてください。
 
また、携帯電話の契約時に初めから入っているアプリの解約ができておらず、気付かぬうちに毎月の支払いが続いているケースもあります。毎月のクレジットカード明細や携帯料金の明細を確認してみて、不明な支出がないかを確認しましょう。
 

3.保険の保障を見直す

保険の保障見直しも、節約効果が大きいです。保険は、年齢やライフスタイルの変化に応じて必要な保障が変わります。特に、子どもが独立してからは保障を小さくすることを検討してみましょう。保険料を月5000円削減できれば、年間で6万円もの節約が可能です。
 
なんでも解約すればいいというわけではないですが、保険金額を小さくするなど、契約内容の見直しをすることで保険料の負担を減らせないか検討してみてください。
 

4.車を手放す

車は、維持費だけで年間平均で十万円以上ものお金がかかります。車にかかるお金は、車検代や駐車場代・ガソリン代・保険料などさまざまです。車を仕事などで毎日使う人でなければ、車を手放すことも考えましょう。
 
今は、カーシェアサービスも普及しています。使用頻度によって、節約効果は異なりますが、車が必要な時はカーシェアサービスを利用することで、維持費の節約が可能です。
 

5.支払いでクレジットカードを利用する

普段の買い物でクレジットカードを利用すれば、ポイントがもらえるため実質的な家計の節約が可能です。毎年200万円の買い物をクレジットカードですれば、年間に2万円ものポイントを獲得できます(クレジットカードのポイント還元率が1%の場合)。現金での支払いが多い人は、ぜひクレジットカードの利用も検討してみてください。
 

まとめ

節約は一度の出費を減らすことも重要ですが、年単位や月単位で継続的に支払いがある「固定費」の見直しが効果を得やすいです。10円安い野菜を求めてスーパーを回るよりも、毎月かかる保険料を3000円安くした方が、節約効果は大きくなります。
 
貯蓄を増やしたい人は、目的を明確にしたうえで、削減できる固定費がないかを見直してみてください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集