更新日: 2023.12.01 その他家計

共働き夫婦ですが、口座の管理は妻の担当です。正直自分で稼いだ金は自分で使いたいのですが、多数派はどちらでしょうか。

共働き夫婦ですが、口座の管理は妻の担当です。正直自分で稼いだ金は自分で使いたいのですが、多数派はどちらでしょうか。
一昔前であれば、夫が一家の大黒柱として家族を養うのは一般的なことでした。しかし、結婚後も仕事を続ける女性が増えたこともあり、家計の負担は家庭によってさまざまに違います。お互いに収入があれば、生活費を出し合う夫婦も多いでしょう。
 
今回は、共働きの場合に「財布を分ける派」と「同じにして片方が管理する派」ではどちらが多いのか紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

共働きの家計管理は主に5種類

ゼクシィが実施した調査を参考にすると、共働き夫婦の家計管理の方法は主に5種類です。では、具体的にどのようなものか内容を見ていきましょう。
 

・片方が管理して片方をお小遣い制にする

妻もしくは夫のどちらかが二人の収入を管理し、もう片方はお小遣い制にする方法です。管理担当者は、預かったお金から生活費を捻出し、貯蓄も行います。ただし、浪費しやすい人が管理する側(がわ)になると、貯蓄できない恐れがあるため注意が必要です。
 

・二人の収入を完全にまとめ、どちらもお小遣い制にする

夫婦の収入をいったんまとめて、二人ともお小遣い制にする管理方法です。自動積立預金などを活用したり生活にかかる料金を口座振替にしたりすることで、管理は楽になります。
 

・片方のお金で生活し、もう片方のお金は貯蓄に回す

生活費担当と貯蓄担当に分ける方法です。収入が多く安定しやすい方が生活費担当になる割合が高いといえます。貯蓄担当の収入に変動があっても、生活自体には影響しません。
 

・共同口座にそれぞれ入金し、生活費だけ折半する

共同の口座を作ってそれぞれが入金し、そこから必要な生活費を引き出すなどして使う方法です。それ以外のお金は各自の管理になりますし、公平なので不満が少ない方法といえます。
 

・項目ごとに分担して支払う

家賃もしくは住宅ローンは夫が担当、食費や日用品の購入は妻が担当するという具合に、項目別で負担する方法です。収入差がある夫婦や、自営業者に向いています。自宅兼オフィスにしている場合は、経費として計上できる部分も出てくるためです。
 

「夫がお小遣い制」という夫婦はどれくらい?

北陸銀行が富山県、石川県、福井県、東京都、大阪府を対象に独自に行った調査を見ると「妻がお金を管理して夫はお小遣い制」という家庭は、石川県、福井県、大阪府でもっとも高い割合を占めています。富山県と東京都でも、3番以内に「妻がお金を管理して夫はお小遣い制」という回答がランクインしていました。
 

夫婦の家計管理に正解はない

家計の負担や管理方法は、これといった正解はありません。夫婦によって働き方や考え方、事情はさまざまです。ただし、どちらかに不満があるなら、話し合って決める必要があります。多数派であっても少数派であっても、自分たちに合った管理方法を探すことが一番です。現状に納得できないときは、相談したうえで違う方法も試してみましょう。
 

出典

ほくぎんマネーのツボ あなたの家計は大丈夫?夫婦のお金の管理方法をアンケートで調査!
ゼクシィ 共働き夫婦の「家計の管理方法」は全5パターン!ふたりに合うのは?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集