更新日: 2023.12.04 その他家計

オフィスがすごく冷えるので、「温かい飲み物」が必須です…コンビニ購入と水筒持参、どちらがいい?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

オフィスがすごく冷えるので、「温かい飲み物」が必須です…コンビニ購入と水筒持参、どちらがいい?
冬のオフィスは、暖房器具を稼働させていても、席の位置によっては寒さを感じることもあるでしょう。ひざ掛けやカイロなどと一緒に、温かい飲み物で体を温めることも一つの手段です。
 
本記事では、温かい飲み物を、コンビニカフェを利用する際の価格と、自宅で作って水筒で持参する場合の価格を紹介します。冬場のホットドリンクは、体を温めてくれるだけではなく、仕事で疲れた心と体をリフレッシュさせてもくれるでしょう。価格を比較しつつ、自分の目的に合った利用方法を見つけましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

コンビニで購入できる温かい飲み物の価格一覧

コンビニ各社では、カフェ商品を多く取り扱っています。こちらでは、コンビニで購入できるカフェシリーズの温かい飲み物を紹介します。
 

ファミリーマート モカブレンドM 210円(税込み)
ファミリーマート ブレンドM 180円(税込み)
ファミリーマート カフェラテM 180円(税込み)
セブン-イレブン 7カフェ ホットコーヒーR 約110円(税込み)
セブン-イレブン セブンカフェ ブルーマウンテンブレンドホットR 約251円(税込み)
セブン-イレブン セブンカフェ ホットカフェラテR 約190円(税込み)
ローソン コーヒー(M) 190円(税込み)
ローソン カフェラテ(M) 198円(税込み)

※参考リンクをもとに筆者が作成
 

新鮮なコーヒーを安く飲める

コンビニのカフェシリーズでは、その場で豆をひいたいれたてのコーヒーを飲める魅力があります。また喫茶店やカフェと比較すると、価格が安いことも特徴です。缶コーヒーを購入するのと同じくらいの価格で、新鮮なコーヒーを手軽に飲みたいときに役立ちます。ランチに出掛けたついでにコンビニに立ち寄って、すぐに購入できるため、仕事中の休憩時間の節約にもおすすめです。
 

自宅でホットドリンクを作って持参するのにかかる費用

こちらでは、インスタントコーヒーを自宅で作って持っていく場合にかかる費用を算出します。「小売物価統計調査」によるとインスタントコーヒー100gあたりの価格は946円です。
 
インスタントコーヒーを作る際の分量は、全日本コーヒー協会が紹介している方法を参考にします。コーヒーカップ1杯(約140ミリリットル)には、インスタントコーヒー小さじ1杯(約2グラム)が標準です。
 
仕事の出勤時に500ミリリットルの水筒を持参する場合、約7.1グラムのインスタントコーヒーが必要です。ここから水筒1本分のインスタントコーヒーを作る際にかかる費用を算出します。
 
約7.1グラム÷100グラム×946円=約68円
 
自宅でインスタントコーヒーを作って持参すると、500ミリリットル水筒1本分の量が、約68円で作れることが分かりました。
 

冬のオフィスではホットドリンクで体を温めよう

寒い冬に欠かせないホットドリンクは、コンビニで気軽に購入する方法や、自宅で作って持参する方法などがあります。
 
仕事の合間にコンビニへ出掛けて、温かい飲み物を購入してくるのは、気分転換にもなるでしょう。自宅で手作りすれば、低コストで自分の好きな味を追求できます。自分に合った方法でホットドリンクを用意して、心と体のリフレッシュに役立てましょう。
 

出典

総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat) 小売物価統計調査(動向編) 表番号2 主要品目の東京都区部小売価格【2022年10月~2023年10月】(2023年10月)「1001 うるち米(単一原料米,「コシヒカリ」)」~「2183 学校給食(中学校)」
一般社団法人全日本コーヒー協会 インスタントコーヒー入門 インスタントコーヒーの入れ方 ホット
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集