更新日: 2023.12.05 その他家計

「映画館」の飲み物やポップコーンは高いです!節約のために持ち込みしたらダメでしょうか?

「映画館」の飲み物やポップコーンは高いです!節約のために持ち込みしたらダメでしょうか?
映画館で映画を楽しむときに、飲み物やポップコーンが欠かせないという方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、映画館で販売されている飲み物やポップコーンの値段を高く感じて、購入をつい我慢してしまう方もいるかもしれません。
 
スーパーマーケットやコンビニなどで購入した飲食物を、映画館へ持ち込むことは可能なのでしょうか。映画館におけるルールについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

映画館への飲食物の持ち込みはOK? それともNG?

他店で購入した飲食物を映画館へ持ち込むことは、原則禁止とされています。
 
多くの映画館では、館内や公式サイトに「当劇場の売店でご購入いただいたご飲食物のみシアター内にお持ち込みいただけます」と記載されていることがあります。
 
そのため、映画館で飲み物を飲んだりポップコーンを食べたりしながら映画鑑賞を楽しむ場合は、施設内の売店で購入することがルールです。
 

映画館で販売されている飲み物やポップコーンの価格相場

映画館で販売されている飲み物とポップコーンの価格相場は表1の通りです。
 
表1
 

Sサイズ Mサイズ Lサイズ
ドリンク 300~330円 350~380円 450~480円
ポップコーン 400~420円 450~520円 600~700円

 
※筆者作成
 
例えば、ファストフード店の飲み物の値段はおよそ120~270円、スーパーで販売されているポップコーンは、1袋120円前後です。
 
映画館や地域により価格は異なりますが、他店と比較すると、やはり映画館で販売されている飲み物やポップコーンは、値段が高めであるといえるでしょう。
 

映画館への飲食物の持ち込みを禁止にしている理由

映画館が飲食物の持ち込みを禁止にしている理由は、おもに2点あると考えられます。
 
1点目は、映画館施設の売り上げ向上のためであると思われます。
 
映画鑑賞料だけではなく、飲食売店の売り上げも、映画館にとっては大切な収入源のひとつです。飲食物の持ち込みを許可することは、施設内の売店における売り上げに大きく影響するでしょう。
 
2点目は、ほかのお客さまに迷惑をかけないようにするためです。
 
例えば、においがきつかったり食べるときの音が大きかったりするものは、ほかのお客さまの迷惑になる可能性が高いでしょう。
 
実際に売店で販売されている飲み物は、フタがされていて、においが漏れにくい構造になっています。またポップコーンも、食べるときの音が周りに響くことはありません。
 

映画館のルールを守り楽しく映画鑑賞をしよう

映画館への飲食の持ち込みは原則禁止です。
 
施設内のポップコーンやドリンクは、一般のコンビニやスーパーで販売されている商品よりも割高なため、購入をためらう方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、映画館内の売店における収入は、施設にとって貴重な収入源のひとつであり、ほかのお客さまへの配慮にもつながります。
 
売店でお菓子やドリンクを購入して、特別な時間を楽しみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集