更新日: 2023.12.08 その他家計

新型iPhoneを購入したいのですが、「お酒」と「お菓子」をどれくらい我慢したら一括で購入できますか?

新型iPhoneを購入したいのですが、「お酒」と「お菓子」をどれくらい我慢したら一括で購入できますか?
新型iPhoneを購入したいとき、気になるのが価格です。新型iPhoneの費用は10万円以上かかるため、一括で購入するにはまとまったお金が必要になります。本記事では、新型iPhoneを一括で購入するために、お酒やお菓子をどれくらい我慢したらよいかを計算します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新型iPhoneの購入価格

まずは、新型iPhoneの価格を紹介します。アップル社の公式サイトによると、新型iPhoneの価格は以下のとおりです。
 

iPhone 15 Pro:15万9800円~
※36回払いの場合は4438円/月

(※2023年12月7日時点)
 
iPhone 15 Pro Max:18万9800円~
※36回払いの場合は5272円/月

(※2023年12月7日時点)

 
グレードによって価格が異なりますが、どちらも15万円以上の費用がかかります。
 

魅力1.高画質なカメラ

これまでのiPhoneは画素数が1200万画素でしたが、iPhone 15 Proでは4800万画素と4倍も向上しました。画素数が上がったことで、友人や家族と遊びに行った際の写真撮影もより一層楽しめるようになるでしょう。
 

魅力2.端子のUSB-C化

iPhoneのこれまでの端子はLightningでしたが、iPhone 15 Proでは他のスマートフォンやノートPCで多く使われているUSB-Cに切り替わりました。そのため、他のデバイスとコードの共有が可能です。
 

新型iPhoneを購入するために何をどれだけ我慢する?

ここでは、先ほど紹介したiPhone 15 Proを購入するために何をどのくらい我慢する必要があるかを紹介します。今回は、お酒を我慢するケースとお菓子を我慢するケースで計算していきましょう。
 

1日缶ビール3本飲む人がiPhone購入のために我慢する日数

お酒好きの中には、毎日1杯以上飲んでいる方が多いでしょう。今回は、毎日350mlの缶ビールを3本飲んでいると想定して、どれくらいの期間を我慢すればiPhone 15 Proを購入できるか計算します。
 
小売物価統計調査によると、ビール1パック(350ml×6本)あたりの価格は1128円です。iPhone 15 Proを購入するためには、15万9800円以上節約する必要があります。
 

缶ビール1本あたりの価格
1128円÷6=188円/本
 
iPhone 15 Proを購入するために控える缶ビールの本数
15万9800円÷188円=850本

1日に3本飲んでいた場合に缶ビールを控える日数
850本÷3本=約284日

 
1日に3本の缶ビールを飲む人がiPhone 15 Proを購入するために、ビールを我慢する日数は約284日と1年未満で購入できるとわかりました。
 

1日にお菓子を300円分食べている人がiPhone購入のために我慢する日数

スーパーやコンビニに寄ると、ついついお菓子を購入してしまう人も多いでしょう。そのような方がiPhone 15 Proを購入するためには、何日間お菓子を我慢すればよいでしょうか。
 
今回は、1日あたり300円分のお菓子を購入して食べていると想定して、お菓子を控える日数を計算します。
 

15万9800円÷300円=約533日
 
1日あたり800円分のお菓子を購入している場合の控える日数
15万9800円÷800円=約200日

 
毎日300円分のお菓子を食べている方は、iPhone購入までに1年以上かかってしまいます。よく食べている方の場合は7か月ほどで購入可能です。
 

新型iPhoneを購入するために何で節約するか決めよう

今回は、新型iPhoneを購入するために好きなお酒やお菓子を何日我慢すればよいかを計算しました。お酒好きの方の場合は約284日、お菓子好きの方の場合は約200~533日です。裏を返せば、普段は我慢する日数の間に新型iPhoneを購入できるだけの費用をお酒やお菓子に使っているということです。
 
新型iPhoneを購入するためだけではなく、節約のためには日ごろからどのようなことに費用をかけているのかを把握して、抑えられる部分を見つけていくことが大切です。
 

出典

政府統計の総合窓口(e-Stat)小売物価統計調査(2023年10月)

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集