更新日: 2023.12.13 家計の見直し

節約してるつもりが、子どもの好き嫌いで食材が無駄に…。どんな考えで献立を考えればいいのでしょうか。

節約してるつもりが、子どもの好き嫌いで食材が無駄に…。どんな考えで献立を考えればいいのでしょうか。
日本に住む多くの方々が、食費の節約を心がけていることと思います。しかし、家族それぞれのニーズに合わせることは簡単なことではなりませんよね。例えば、小さなお子さんがいるご家庭では、子どもの成長に合わせた食事の準備が必要になります。
 
節約のためには、食材の購入から料理、保存方法に至るまで、すべてのステップで効率性を考慮することが重要です。こうやって考えると難しく感じられかもしれませんが、考えるべきことは「無駄をなくす」ということにつきます。
 
例えば、野菜の切れ端や魚の頭など、通常は捨てられがちな部分も、工夫次第でおいしい料理に変身させることができます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

子育て家庭における食材廃棄

子育て家庭では、子どもの急な食欲の変動や好き嫌いにより、計画通りに食材を使い切れないことがありますよね。このような状況で食材の廃棄を減らすためには柔軟性と創造性が求められます。また賞味期限の管理も重要です。賞味期限が近い食品を優先的に使うなどして、廃棄を防ぐ意識を持ちましょう。
 

家族を考えた賢い買い物のコツ

家族全員の健康を考えた買い物は、節約のための大きな鍵となります。まず、家族の好みや必要な栄養素を考慮した上で、週ごとの食事メニューを計画しましょう。
 
購入する食材は、季節に合わせたものを選ぶとよいでしょう。季節の食材は価格が安定しており、栄養価が高いことが多いです。さらに、子どもの好き嫌いに柔軟に対応できるよう、多様な食材を取り入れることも重要です。そうすれば仮に子どもが食べられない場合の損失も少なくなります。
 
特売品や割引商品に注目することも大切ですが、安さに引かれて不必要なものを買ってしまうのは避けたいところです。また、大容量パックの商品は価格がお得な場合が多いですが、消費できる量かどうかをよく考えましょう。
 

食材を上手に管理・保存する方法

まず、購入した食材は可能な限り早く適切に保存しましょう。野菜や果物は、新鮮なうちに洗い、必要に応じてカットして冷蔵・冷凍保存すると調理にも便利です。
 
冷凍保存は特に肉や魚などの高価な食材に適しています。適切な包装を行い、冷凍庫で保存することで、長期間の保存が可能になります。また、賞味期限が近い食品は冷蔵庫の見えやすい場所に置くとよいでしょう。これにより、食材を忘れずに使用し、廃棄を防ぐことができます。
 
食材の在庫は定期的にチェックし、賞味期限が近づいているものは優先的に使うことです。また食材の使い切りを考えて、野菜の残りはスープやサラダに活用する、肉の余りは翌日のお弁当の材料にするなど、柔軟に考えられるとよいですね。
 

無駄をなくすための心構え

節約と食材管理において、最も重要なのは「無駄をなくす」という心構えです。例えば食材の使い切りを考えて、野菜の残りをスープやサラダに活用したり、肉の余りもので翌日のお弁当の材料をつくったりするなどです。柔軟な発想で考えると、工夫するポイントがさまざまに見つかり、楽しみながら調理をすることができますよ。
 

家族みんなで実践!

最も重要なのは、家族みんなで実践することです。子どもたちを買い物に連れて行き、食材の選び方やその大切さを教えるのも良い方法です。節約は、家族全員の協力と理解があれば、より効果的かつ楽しくなります。みんなで一緒に節約を実践することで、生活を豊かにし、家計を守っていきたいものですね。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集