更新日: 2023.12.12 その他家計

サラリーマンランチの双璧「ラーメン」と「そば」、コスパと栄養を徹底比較!

サラリーマンランチの双璧「ラーメン」と「そば」、コスパと栄養を徹底比較!
出勤日のランチは、短時間で手軽に食べられるメニューを選ぶ人が多いのではないでしょうか。サラリーマンランチといえば、ラーメンとそばの2つは鉄板です。令和になってもその風潮は変わらないようです。
 
「今日はどちらを食べよう」と悩む日もあるかもしれません。そこで今回は、ラーメンとそばのコストパフォーマンスと栄養を徹底比較します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ラーメンVSそば! コストパフォーマンスがよいのは?

e-Statに掲載されている「小売物価統計調査(動向編)」によると、2023年10月における中華そば(外食)の東京都区部小売価格は1杯567円です。仮に出勤日を22日間とすると、毎日ランチにラーメンを食べた場合の費用は567円×22日=1万2474円となります。
 
一方、2023年10月における日本そば(外食)の東京都区部小売価格は1杯710円です。毎日ランチにそばを食べた場合の費用は710円×22日=1万5620円です。ラーメンやそばの価格は店舗によって異なりますが、平均価格のみに着目するとラーメンを選んだほうが安く済むことになります。
 

ランチにラーメンやそばを食べ続けても問題ないのか

手軽に食べられるという理由から、出勤日のランチはラーメンやそばなどの麺類ばかりになりがちな人もいるでしょう。特定のメニューを食べ続けている人もいるかもしれません。
 
果たしてランチにラーメンやそばを食べ続けても問題ないのでしょうか。結論からいうと、ランチが麺類ばかりになったとしても、他の2食で足りない栄養を補えば大きな問題はありません。
 
農林水産省によると、男性に必要な摂取エネルギーは1日あたり2200±200kcalです。大手そばチェーン店のかけそばのカロリーは1杯あたり386kcalで、3食のうちの1食と考えると少なめですが、朝夕食でカバーできるレベルと考えられます。量や具材にもよりますが、シンプルなラーメンの場合もカロリーは同程度でしょう。
 
ただし、ラーメンやそばは野菜やタンパク質が少なく、栄養バランスのよいメニューとはいえません。1日3食すべてをラーメンやそばにするなど、極端な食生活を送っていると体調を崩す可能性があります。
 

トッピングやサイドメニューで栄養バランスを整えよう

ランチにラーメンやそばを食べても、他の2食で足りない栄養を補えば問題ないことを解説しました。ただし、他の2食も簡易的なメニューになりがちな人は、ラーメンやそばにトッピングするか、冷ややっこやサラダなどのサイドメニューを注文することをおすすめします。
 

サラリーマンランチはラーメンのほうがコストパフォーマンスがよい

地域や店舗にもよりますが、サラリーマンランチにはそばよりもラーメンを選んだほうが安く済む可能性があります。いずれのメニューも野菜やタンパク質が不足しやすいものの、ラーメンには煮卵やチャーシューなどがトッピングされていることが多く、比較的栄養バランスを整えやすいかもしれません。
 
ランチをラーメンやそばで済ませても問題ありませんが、栄養面が気になる人は他の2食で栄養を補うか、トッピングやサイドメニューを注文することをおすすめします。
 

出典

e- Stat 政府統計の総合窓口 小売物価統計調査 小売物価統計調査(動向編)
農林水産省 一日に必要なエネルギー量と摂取の目安
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集