更新日: 2023.12.12 その他家計

忘れるたび、ついつい買ってしまうライター。本来、1本でたばこを何本吸える?

忘れるたび、ついつい買ってしまうライター。本来、1本でたばこを何本吸える?
たばこを吸う人にとって、ライターは必需品です。コンビニでも気軽に買えることもあり、失くしたり忘れたりするたびに買ってしまう人は多いでしょう。
 
しかし、たとえ安いライターでも数回程度しか使わないのはもったいないものです。今回は、ライター1本で一体どれくらいのたばこを吸えるのか、使い捨てだと年間いくらライター代がかかるのか解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ライター1本で吸えるたばこの本数は?

ライターは、メーカーやサイズによって着火回数は変わってきます。一般的な使い捨てライターであれば、1本あたりの着火回数は1450〜3000回程度です。
 
つまり、ライター1本で1450〜3000本のたばこを吸えることになります。一般的な紙巻きたばこなら、1箱あたりの本数は20本です。3000回着火できるライターなら紙巻きたばこを150箱、1450回着火できるライターでも紙巻きたばこが70箱以上吸えます。
 

使い捨てライターの購入費用は年間いくら?

では、使い捨てライターでたばこを吸う場合、年間でいくら購入費がかかるのか計算してみましょう。安いものだと、使い捨てライターは1本税込み110円で購入できます。
 
1日で紙巻きたばこを1箱吸う人なら、1年間で吸う本数は「20本×365日」で7300本です。着火回数が3000回のライターなら、年間に2.4本必要になります。
 
実際には3本買うことになるため、かかる費用は330円です。着火回数が1450回のライターだと、毎日1箱たばこを吸う場合は年間で5本購入しなければなりません。この場合にかかるライターの購入費用は550円です。
 

ライターの購入費用を抑えるには?

100円ショップや量販店の中には、2〜3本セットの使い捨てライターが税込み110円で販売している店舗もあります。まとめ売りしているライターを買えば、年間の購入費用を節約することが可能です。
 
年間3本のライターを使う人は、110円程度で済ませることもできます。ただし、ここで紹介した着火回数はあくまで目安なため、実際にはそこまで使えないこともあるでしょう。
 
一番気をつけておきたいのは、どこかに置き忘れたり失くしたりしないことです。シャツのポケットなどに入れておくと、そのまま洗濯するという失敗も少なくありません。すぐに使えなくなれば、それだけ購入頻度も増えます。
 
1本あたりの購入費用は安価ですが、本数が増えれば無駄な出費も多くなります。たばことライターは離さず、できるだけ一緒に携帯するほうがよいでしょう。
 

ライター1本で1450〜3000本のたばこが吸える

一般的な使い捨てライターなら、1本あれば1450〜3000本ほどのたばこが吸えます。メーカーや製品によって着火回数は変わってきますが、1本あればかなり長く使えます。
 
年間にしても数百円程度しかかかりません。しかし、安いからといって忘れるたびに買っていては無駄遣いになります。置き忘れや紛失を防いで、無駄な出費を抑えましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集