更新日: 2023.12.12 働き方

副業禁止の会社で働いていますが、日雇いバイトを検討しています。現金手渡しならバレないですよね?

副業禁止の会社で働いていますが、日雇いバイトを検討しています。現金手渡しならバレないですよね?
収入を増やす手段としてダブルワークは効果的です。しかし、副業禁止の会社でダブルワークすると、発覚した場合に減給や降格処分などの処分を受けるでしょう。
 
そのため、隠れて稼ぎたいと考え、現金手渡しの日雇いバイトを選ぶ人もいます。口座に記録が残らなければ、副業の事実は発覚しないと思われがちですが、実際は知られてしまう可能性が高いのです。
 
本記事では、そうなる代表的なパターンを3つ挙げて詳しく解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

通常より高い住民税

給料を手渡しでもらうと、たしかに自分の口座に記録は残りません。しかし、日雇いバイト先には支払いのデータが残っており、その内容は自分が所属する自治体にも届きます。
 
そこで、本業の収入と合わせた金額に対して住民税が算出されるのです。よって、本業の収入だけしかない場合より金額は高くなってしまいます。その金額は会社に通知され、給与から天引きされるのが一般的です。つまり、給与計算を行う経理や総務などの部門に、具体的な住民税を把握されることになります。
 
これらの部門で働く人が税額をチェックしたとき、同程度の給与を得ている従業員より高いことに気付くでしょう。他にも収入があると推察され、副業をしていたと気付かれるケースが多いのです。
 

副業の分も含む年末調整

会社勤務の場合、源泉徴収済みの税額と年間の正しい税額の差を求め、精算する手続きが必要になります。これは年末調整と呼ばれるもので、複数の会社で給与を受け取ったときも、個別に行うわけではありません。
 
つまり、副業をしていた場合でも、本業の会社でのみ実施することになります。そして、提出する申告書には給与所得の記入欄があるのです。ここには本業だけでなく、日雇いバイトの分も含めた合計額を書かなければなりません。
 
もし給与以外の形で報酬を受け取ったとしても、「給与所得以外の所得の合計額」に記入する必要があります。いずれにせよ、申告書を確認する担当者に、本業以外の収入の存在を気付かれるというわけです。それを隠すために本業の分だけを書くと、意図的に税額を減らしたと見なされ、後に大きな問題になる可能性があります。
 

日雇いバイト先への税務調査

税務調査で副業が発覚するケースもあります。そう言われると、副業の収入は少ないので、自分が調査される心配はないと考えるかもしれません。
 
しかし、日雇いバイト先の税務調査によって、自分の会社に知られる可能性もあるのです。
 
前述のように、日雇いバイト先には自分に支払った金額のデータが残っています。経費として帳簿にも記載されているので、調査の対象となります。そして、個人への支払いがあると分かれば、それを受け取った人物に関しても、正しく納税を済ませているのか確認します。
 
問題があると判明した場合、その人物は修正申告などの指示を受けて、すみやかに対応しなければなりません。その結果、自治体で住民税が再計算されて、会社にあらためて通知されます。これを受けた担当者が不審に思って調べると、副業の事実が明らかになってしまいます。
 

社会人として会社のルールを守ることが大事!

現金手渡しの日雇いバイトを選んでも、住民税や年末調整のチェックをはじめとして、副業の事実を知られるきっかけは意外と多いです。うっかり同僚に話したせいで会社側に知られるようなケースもあります。
 
減給などのペナルティーが生じて、収入が減ってしまっては本末転倒です。本業で成果を上げたり副業の解禁をお願いしたりするなど、会社のルールを守りながら収入アップを目指しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集