更新日: 2023.12.28 その他家計

シャワーは朝と夜のどちらに浴びる?一ヶ月間朝夜シャワーを利用した場合の水道代も解説!

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

シャワーは朝と夜のどちらに浴びる?一ヶ月間朝夜シャワーを利用した場合の水道代も解説!
みなさんは朝と夜、いつ入浴をされるでしょうか。浴槽に浸からず、シャワーのみで済ませる方もいるでしょう。タイミングに関しても朝派と夜派に分かれるはずです。入浴をシャワーのみで済ませる場合、朝と夜のどちらに浴びたほうがよいのでしょうか。また、朝夜シャワーを利用した場合の水道代についても解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

入浴は夜派が圧倒的に多い

マイボイスコム株式会社が行った入浴に関するアンケート調査によると、季節を問わずシャワーで済ませる方はおよそ2割です。「夏場はシャワーで済ませる、冬場は浴槽につかる」と回答した方も2割強いました。
 
入浴のタイミングは、「就寝前」「夕食後」に入る方がそれぞれ4割という結果となりました。「就寝前」と「夕食後」を選んだ方を足すと約8割にのぼり、入浴は夕方~夜派が圧倒的に多いことが分かります。
 

一ヶ月間朝夜シャワーを利用した場合の水道代

朝と夜の2回シャワーを浴びたい方もいるのではないでしょうか。しかし、水道代が心配でどちらか1回で我慢していませんか。資源エネルギー庁によると、シャワーを1分間使うと12リットルのお湯が流れるとしています。シャワーの使用時間を10分とすると、120リットルの水を使用する計算となります。
 
東京水道局の公式ホームページを参考に1リットルあたりの単価を0.24円とすると、シャワー1回にかかる水道代は28.8円です。1日2回シャワーを浴びる場合の水道代は57.6円、一ヶ月間(30日)の水道代は1728円となります。
 
一方でシャワーを1日1回にすると、水道代は半額となり864円で済みます。ただし、水道代はお住まいの地域によって異なるため、あくまでも目安と考えてください。
 

シャワーは朝と夜のどちらに浴びたほうがお得?

1日に朝と夜の2回シャワーを浴びると、一ヶ月間(30日)で1728円の水道代がかかることが分かりました。もちろん水道代だけでなく、ガス代・電気代・灯油代などの光熱費もかかります。
 
水道代や光熱費を節約するために、シャワーを1日1回で我慢している方もいるでしょう。1日1回シャワーを浴びるなら、朝と夜のどちらに浴びたほうがお得なのでしょうか。結論からいうと、光熱費に関しては、水の温度が冷たければ冷たいほど高くなります。
 
例えば、水温20度の水道水を40度まで上げるより、水温15度の水道水を40度まで上げるほうが多くのエネルギーが必要となり、その分光熱費は高くなるでしょう。
気温と比較すると水道水の水温は変動しにくいものの、夜よりも早朝のほうが水温が低くなる傾向にあります。
 
朝よりも夜にシャワーを浴びたほうが光熱費を若干節約できる可能性はあるでしょう。金銭的な問題以外にも、朝と夜のシャワーにはそれぞれメリット・デメリットが存在します。価値観やライフスタイルによって、どのタイミングでシャワーを浴びたほうがお得なのかは異なります。
 

節約シャワーヘッドを活用するのも1つの手段

一ヶ月間、朝と夜にシャワーを利用した場合の水道代は、約1728円です。シャワーを1日1回にすると水道代はおよそ半額となりますが、どうしても朝夜の2回入りたい方もいるでしょう。入浴回数を減らさずに節約したい方は、シャワーの使用時間を少し短くする、節約シャワーヘッドに取り換えるなど工夫してみてください。
 

出典

マイボイスコム株式会社 お風呂のアンケート調査(5)
経済産業省 資源エネルギー庁 家庭向け省エネ関連情報
東京都水道局 節水について | よくある質問
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集