更新日: 2024.01.17 その他家計

普段から水をよく飲むので「スーパーの無料の水」を利用しています。ペットボトルの水と比べてどれだけ節約になりますか? あまり日持ちしなくても、買うより「お得」ですよね?

普段から水をよく飲むので「スーパーの無料の水」を利用しています。ペットボトルの水と比べてどれだけ節約になりますか? あまり日持ちしなくても、買うより「お得」ですよね?
日常的に水を多く飲む場合、スーパーなどにある無料給水サービスはとても節約になります。
 
しかし水を汲み、持ち運ぶといった手間は意外と面倒だと感じていて、ペットボトルを購入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
 
本記事では、毎日「2リットル水」を飲む場合、スーパーで水を汲んでくるのとペットボトルを購入するのを比較して、どれくらいの節約効果があるかを解説するので参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

スーパーの水は最初に専用ボトルを購入する

スーパーが無料で提供している水は最初に専用ボトルを購入しますが、専用ボトルを購入した後には何度でも専用サーバーから給水できます。
 
このようにスーパーが専用ボトルと専用サーバーを用意している理由としては、水を汲みに来た際に買い物などをしてもらうのが目的です。専用ボトルに給水するためには同じスーパーに通う必要があるため、定期的にスーパーに立ち寄り日用品や食材を購入することになります。
 
専用ボトルの値段についてはスーパーによって異なりますが、500円前後で販売されているケースが多いようです。容量に関しても4リットル前後のものが基本となるため、毎日2リットル飲む場合は2日に1回給水にいかなければいけません。ただし、スーパーによっては専用ボトルを複数購入して、一度に給水して良い場合もあります。
 

毎日2リットル分の水を購入する

スーパーでの無料給水ではなく、毎日2リットル分の水を購入する際にかかる費用を見ていきましょう。
 
購入方法によって金額は違いますが、例えばコンビニで2リットルの飲料水を購入すると100円前後が多いです。2リットルで100円と仮定すると毎日1本分購入するため、1日100円かかります。1ヶ月で考えると100円×30日=3000円であり、少なくはない出費といえるでしょう。
 

スーパーの水を利用したほうが節約できる

スーパーの水を利用すると毎月専用ボトルを交換したとしても1ヶ月で500円前後、毎日2リットル分の水を購入すると1ヶ月で3000円かかり、1ヶ月で2500円の違いが生まれます。一年間で考えると「3万円」も金額に差が出るため、節約したいと考えている人にはスーパーの水を利用することがおすすめです。
 

それぞれのメリット・デメリット

スーパーの水を自宅で飲む分には冷蔵庫などからすぐに飲めますが、外出する際には水筒に入れるなどの手間がかかります。他にも定期的にスーパーに通って重たい水を持ち帰る必要があるため、節約するためにはある程度は工夫が必要です。
 
一方で、水を購入する場合は決まった店以外でも気軽に購入できます。また、スーパーの無料の水は傷みやすいため早めに使い切る必要がありますが、ペットボトルの水であれば、商品にもよりますが数ヶ月は保管しておけます。
 
それぞれにメリット・デメリットがある点を把握して、場面などに合わせて使い分けるのがおすすめです。
 

まとめ

節約効果だけを考慮して考えるとスーパーで汲んできた水のほうが遥かに効果的であり、日常的に多く水を飲む人にはおすすめです。
 
専用ボトルも1つ500円前後で販売されているため、定期的に交換すれば衛生面を保つことにつながります。一年間で考えると3万円の違いが出るため、日常的に水を飲む方はスーパーで水を汲むほうがいいでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー