更新日: 2024.01.23 家計の見直し

日用品は「まとめ買い」「必要なときに買う」のどちら派が多いですか? セール日についついまとめ買いをしてしまいます…

日用品は「まとめ買い」「必要なときに買う」のどちら派が多いですか? セール日についついまとめ買いをしてしまいます…
トイレットペーパーなどの紙消耗品は、使用したいときにないとなると非常に困ってしまうものです。節約も兼ねて、セール日にまとめ買いしている人も多いことでしょう。
 
ただし、やり過ぎるとかえって出費が増えることにもなりかねません。本記事では、日用品のまとめ買いに関する実態や収納事情に関する調査結果、まとめ買いを確実に節約に結びつけるコツについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

日用品はまとめ買い派が関東では7割弱

株式会社アンビシャス(大阪市)が2023年10月に実施した「日用品のまとめ買いと収納事情についてアンケート調査」の結果の一部を紹介します。
 
トランクルームのユーザー400人のうち関東地方(35.8%)における結果を中心に分析した結果によると、洗剤やトイレットペーパーなどの日用品をまとめ買いしている人の割合は関東地方では7割弱(全国でも6割以上)という結果でした。日用品に関しては、まとめ買い派が主流といえます。
 
また、まとめ買いをしている日用品の上位5は、1位から順に、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗濯洗剤、シャンプー・ボディーソープ、食器洗剤でした。これらは日用品のなかでも使用頻度が特に高く、多めに買っておいてもいつかは消費できるため、まとめ買いによる節約効果が期待できます。
 
一方、必要なときに買いに行く、という方法では安く手に入れられるとはかぎりません。都度定価で買うのと値引き品を毎回まとめ買いするのとでは、年間比較では出費には大きな差が出るでしょう。
 

まとめ買いをしない理由の1位は「収納スペースがない」

前述の調査では、「まとめ買いをしない理由」についてもたずねています。その結果、突出して多かったのは「収納スペースがない」で、関東地方と全国、両方において4割を占めました。
 
つまり、節約のためにはまとめ買いをしたくても、物理的に収納スペースがないために実施できていない層もある程度いると考えられます。自宅の収納スペース不足の解消方法として、トランクルームを利用するのもひとつの手ですが、月額料金や利便性も考慮したうえで、本当にメリットが多いかを慎重に検討すべきでしょう。
 

まとめ買いで節約を実現するコツ

日用品は消費量が多いため、セール日にまとめ買いすることで節約になります。しかし、余計な物まで買ってしまうようでは、かえって出費が増えてしまいます。まとめ買いを確実に節約につなげるためには、以下の2つのコツを実践しましょう。
 
・買い物前に自宅のストックを把握
自分が本当に必要な量だけを買うことで、無駄な出費を抑えられます。日用品のストック置き場を決めて、在庫が一目で分かるようにしておくのがポイントです。洗面所の収納スペースなど、使用する場所に近いところにしておくと便利です。
 
・まとめ買いは月に1~2度
紙消耗品だけを買いに行こうと思っても、つい他の物まで買ってしまうことはよくあるでしょう。毎月の消費量にもよりますが、まとめ買いは月に1~2度程度にして、ムダ買いを減らすことも大切です。
 

まとめ買いをすることでお金も時間もセーブできる

日用品は、いざというときにないと困ってしまいます。必要になってから買いに走るよりも、あらかじめ安いときにまとめ買いをしておくほうが節約になり、買い物にかかる時間も短縮できます。自宅に収納スペースを確保したうえで、まとめ買いの習慣を取り入れるとよいでしょう。また、まとめ買いをするのは月に1~2度程度にして、ムダ買いを防ぐことも大切です。
 

出典

株式会社アンビシャス 日用品のまとめ買いと収納事情についてアンケート調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー