更新日: 2024.03.06 働き方

就職活動中ですが「団体職員」も公務員と同じく安定しているようなイメージです。実際にはどんな仕事をするのでしょうか?

就職活動中ですが「団体職員」も公務員と同じく安定しているようなイメージです。実際にはどんな仕事をするのでしょうか?
就職活動をしていると、「団体職員」の求人募集を見かけることがあります。ただ、団体職員というと「安定していそう」などの漠然としたイメージはあるものの、具体的な勤務先や仕事内容までは分からない人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、団体職員の概要や主な勤務先や仕事内容、給与や安定性について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

そもそも団体職員とは?

団体職員とは、基本的に公共性の高い事業で営利を目的としない、いわゆる非営利組織で仕事をする人をいいます。なお、団体職員は法律で明確な定義が定められているものではありません。そのため、営利を第一に追求しない営利団体も団体職員に含まれることがあります。一般的には、人々の生活に寄り添い、社会貢献につながる仕事が多い傾向があります。
 

団体職員の主な勤務先と仕事内容

では、団体職員は具体的にどのような団体で、どんな仕事をしているのでしょうか。本項では、団体職員の主な勤務先や仕事内容について紹介します。
 
・NPO法人
 
NPOのうち、1998年に制定された「特定非営利活動促進法(NPO法)」により法人格をもった、営利を目的としない団体を指します。NPO法人の活動分野は、多岐にわたります。保健・医療や福祉の増進や社会教育・まちづくりの推進など、市民の生活にかかわる分野で人々の利益に寄与することが主な目的です。
 
・医療法人
 
医療法の定めによる、病院や医師が常勤する診療所または介護老人保健施設などの施設が該当します。医療提供の体制確保を図り、国民の健康の保持に寄与することが主な目的で、医療法において、営利目的での医療機関は開設の許可は与えられません。事務など、運営をサポートする仕事も含まれます。
 
・学校法人
 
私立学校法により定められた、私立の大学・高等学校などを設置運営する組織を指します。学校事務などの仕事が団体職員に含まれ、ここに教員は含まれません。
 
・農業協同組合
 
農協と呼ばれる、農業協同組合法にもとづき設立された組織をいいます。通称「JA」とも呼ばれ、主に農家への技術指導や直売所や共済事業の運営、貯金・融資・共済事業などの業務で農家の方々をサポートしています。
 
・政党
 
政党は、政治上の理想や目的を実現するために、同じ政治的主義・主張をもつ人たちが、一定の政治的利益や政策の実現のために活動して政権獲得を目指します。政党での仕事は、主に議員の補佐や党員のサポート業務を行い、事務作業や広報活動、政策立案や選挙対策など幅広くあります。
 

団体職員の年収と安定性は?

団体職員としての就職を視野に入れている場合、気になるのが収入です。団体職員の給与はどれくらいなのでしょうか。ここでは、平均的な給与について見ていきましょう。
 

団体職員の給与

団体職員と一口にいっても、前述のように業種や職種は多岐にわたります。そのため、携わる仕事によって給与の差が大きく、一概に給与はいくら、とは言い切れないのが現状です。一例として、厚生労働省が発表した資料によると、NPO法人の有給職員の場合、月給制該当者の平均月給額は約 15万8000円となっています。非営利という事業性質から、基本的には高い収入は期待しにくいでしょう。
 

団体職員の仕事の安定性

団体職員の給与は、一般的に高いとはいえません。しかし、非営利組織のため景気などに左右されにくく、給与が比較的安定している傾向にあります。給与の変動が少ないため、安定性を求めている人におすすめです。
 

団体職員は社会貢献につながる仕事! 安定性を求める人にもおすすめ

団体職員は、人々の暮らしに密接し社会貢献につながるなど、やりがいの大きい仕事です。また、給与自体はそこまで高くない傾向ですが、安定感をもって仕事ができる点が大きなメリットといえます。金銭的なメリットよりも、「人々の役に立ちたい」「社会に貢献したい」と考える人におすすめの仕事です。気になる人は、団体職員の仕事を視野に入れてみるとよいでしょう。
 

出典

厚生労働省 非営利セクター・社会的企業の雇用等について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集