更新日: 2024.03.06 働き方

副業でキャバクラのバイトをしています。給料は「手渡し」なのですが、これは「違法」でしょうか?

副業でキャバクラのバイトをしています。給料は「手渡し」なのですが、これは「違法」でしょうか?
副業で夜のアルバイトを始める人は少なくありません。特にキャバクラでのアルバイトは高収入を得られる仕事として知られています。この種の業態では給料が現金手渡しの場合も多いのですが、法的に問題はないのでしょうか。
 
この記事では、キャバクラ等で副業する場合の現金支給が抱える法的な問題について考えつつ、副業する際のいくつかのリスクについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

給料の現金手渡しは違法なのか? その問題点は?

給与の現金手渡し自体は法的に問題ありません。労働基準法の第二十四条で「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」と定められているためです。
 
このため、小規模なビジネスや短期の雇用契約では、現金による直接支給が行われることが少なくありません。この方法が好まれる理由は、特に従業員数が少ない場合や、日雇い労働者への支払いにおいて、銀行手数料の節約や手続きの簡略化という利点があるためです。
 
例えば、従業員が10名未満の小さな飲食店では、毎月の銀行振り込みにかかる手数料が1回あたり300円だとすると、10名分で3000円の追加コストが発生します。
 
年間にするとこの額は3万6000円にもなり、これは売り上げが多くはない小規模事業者にとって無視できない額です。このような事業者にとって、現金手渡しは経済的なメリットが大きいのです。
 
とはいえ、このような給与の現金支給には注意が必要な点があります。特に所得税の源泉徴収がポイントです。給与から所得税を差し引くことは、企業にとって法的な義務ですが、これを怠ると、従業員は後に税務上の問題に直面することになります。
 
そのため、万が一源泉徴収をされていないようであれば、自分で確定申告をして所得税の支払いをしなければなりません。この手続きを怠ると、ペナルティが科せられる可能性があります。
 

副業のさまざまなリスク

近年、多くの会社が従業員に対して副業を容認する傾向にあります。しかし、副業禁止の企業も少なくありません。このような企業で副業が明らかになった際、本業での評価への悪影響は避けられないでしょう。
 
また、副業から得られる収入には税金がかかり、適切な申告が求められます。税務上の順守を怠ると、追徴税や罰金が科せられる可能性があります。
 
実際に、副業で年間20万円以上の収入がある場合、確定申告が必要です。例えば、年間で25万円を副業先で稼いだ場合、この収入は確定申告の対象となります。仮にこの収入が本業の収入と合算されていない場合、住民税の納付書にその差異が反映されるため、副業が会社に露見する可能性があります。
 
さらに、副業が原因で生活リズムが乱れ、健康を害することもあるでしょう。不規則な睡眠や過度なストレスは、仕事の質だけでなく、日常生活における精神的な安定にも悪影響を与えます。
 

税務上の考え方やさまざまなリスクについての情報収集を

キャバクラでの副業で、現金手渡しで収入を得ること自体には問題はありません。とはいえ、税法上の問題やさまざまなリスクがあることには注意が必要です。
 
特に、税務処理の誤りは、脱税問題に発展することもあるのです。キャバクラに限らず副業をする際には、ここで紹介した税務上の考え方やリスクを理解し、適切な対応を心掛けましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集