更新日: 2024.03.08 その他家計

いつも違う服を着ている人に憧れます。子の教育費の積み立てでお金がないのですが、おしゃれは諦めるしかないでしょうか?

いつも違う服を着ている人に憧れます。子の教育費の積み立てでお金がないのですが、おしゃれは諦めるしかないでしょうか?
子どもの教育資金は、早いうちから準備しておくことが大切です。教育資金のことを考えると、自分の洋服に回すお金はないと思ってしまうかもしれません。しかし、おしゃれを諦めることで自分の外見に自信が持てなくなり、自己肯定感が下がってしまう恐れがあります。
 
まずは、教育費の積み立てに必要な金額を計算したうえで、洋服に使える予算を立てましょう。本記事では、低コストでおしゃれを楽しむためのアイデアを複数紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

低コストでおしゃれを楽しむ方法5選

新品で服を買うと、お金がかかります。例えば、以下のような方法を取り入れれば、あまりお金をかけずに洋服のおしゃれを楽しめるでしょう。
 

フリマアプリで買う

フリマアプリには、個人が着なくなった洋服が多数出品されています。「サイズが合わなかった」「思ったほど着用機会が望めない」などの理由で、新品に近い状態の服が安価で出品されているケースも少なくありません。また、アプリによっては、コメント欄で値引き交渉することも可能です。
 

古着を扱うオンラインストアを利用する

古着を売っているオンラインストアでは、人気ブランドの古着をリーズナブルな値段で購入できます。大手サイトでは、一定の基準に基づいた商品のコンディション説明もあるため安心です。ショップによってはタイムセールがあり、安価になっているときには、さらにお得です。
 

小物を買い足す

クローゼットを見直し、すでに持っている服を再度チェックすることも大切です。新しいコーディネートを考えたり、スカーフやアクセサリーなどの小物をプラスしたりするだけでもぐっとおしゃれに見えます。小物であれば、新品でも予算内に収めやすいでしょう。
 

洋服のサブスクを始める

最新のトレンドを楽しみたい場合は、ファッションのサブスク・レンタルサービスを利用してみるのも一つの手です。月額料金内で、プロが選んだコーディネートを楽しめ、自宅に届くので手間がかからず、おしゃれの幅が広がります。自分に本当に似合う服を見つけやすいのもメリットです。
 

ファストファッションのセールを活用する

ブランド品でなくても、おしゃれは楽しめます。元々の価格設定が低めのファストファッションのセールを活用すれば、お得なアイテムを見つけられます。
 

おしゃれママに見せるための2つのコツ

子育て中でも、おしゃれに見せるためのコツも押さえておきましょう。
 

今の自分に似合うアイテムを選ぶ

年齢を重ねるごとに、似合う服も変わってきます。年齢に合った服や産後の体型変化をカバーしてくれる服を選ぶことで、より魅力的に見せることができ、スタイルアップも狙えます。肌がきれいに見える色を選ぶのもポイントです。
 

実用性も重視する

子育て中には何かと用事が多く、特に小さな子どもでは運動量も多いため、動きやすい服を選ぶことも大事です。いくらおしゃれでも、動きにくい服は自然と出番が減ってしまいます。また、子どもが服を汚してしまう可能性も高いため、洗濯しやすい素材を選びましょう。
 

お金をかけなくてもおしゃれは楽しめる

おしゃれは、自己表現の手段の一つです。似合っている洋服は自分の魅力を引き立ててくれ、自信を持たせてくれます。お金をかけなくても、古着や小物、ファストファッションなどをうまく活用すれば、十分おしゃれは楽しめます。
 
予算内で色んな服を楽しみたいときには、洋服のサブスクを利用してみるのも一つの手です。子どもの教育資金に備えつつも、自分のモチベーションも大切にしてください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集