更新日: 2024.03.21 働き方

新卒で入社し3年目です。残業はなく、手取りは「27万」ですが、全くやりがいがありません。「転職」するべきでしょうか?

新卒で入社し3年目です。残業はなく、手取りは「27万」ですが、全くやりがいがありません。「転職」するべきでしょうか?
就職活動を意欲的に行ったとしても、入社企業のすべてを理解するのは不可能です。仕事内容はもちろん社内の雰囲気なども含め、入社後、事前のイメージと違っていたというケースは少なくありません。入社の前と後でのギャップが大きい場合、転職を検討する人も出てくるでしょう。
 
今回は、新卒入社3年目で給与は27万円であるものの、仕事にやりがいが感じられない場合に、転職するべきかどうかを考えます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

20代の給与の平均はいくら?

新卒で入社し3年目を迎え、手取りを27万円受け取っている人は、給与的にどの程度恵まれているのかを最初に整理しておきます。厚生労働省の「令和5年 賃金構造基本統計調査」によると、20〜24歳の平均月給は約22万5000円でした。25〜29歳では、約25万8000円です。大卒に限ってみると、20〜24歳の平均月給は約24万円、25〜29歳では約27万3000円となっています。
 
このうちもっとも高い大卒の25〜29歳の約27万円でも、手取りは21〜22万円程度です。新卒3年目で手取り27万円は、非常に高い水準といえます。残業なしでこの手取り額であれば、給与面のみでみると転職しないという選択肢も当然ながら出てくるでしょう。多くの同年代の人にとっては、転職するのはもったいないと思われる可能性もあります。
 

将来のことも見据えたうえでの決断が大切

仕事に何を求めるのかには個人差があります。給与面でみれば平均より大幅に優遇されていたとしても、それ以上にやりがいを求めて転職を望むのも、決しておかしなことではありません。とはいえ、転職によりやりがいが得られても、給与が減ってしまっては、それが新たな不満にもなりかねません。
 
厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、転職後に賃金が増加した人の割合は39.0%、転職後に賃金が減少した人の割合は40.1%で、転職により賃金が減少した人の割合が増加した人を上回る結果になっています。
 
新卒3年目で手取りが27万円受け取れる企業にそのまま勤めていれば、将来的にはさらに平均を大きく上回る収入を手に入れられる可能性があるでしょう。勤続年数が増えるにつれて任される業務の幅も広がり、やりがいも徐々に出てくるケースは珍しくありません。
 
そうした将来的なことも見据え、やりがいだけではなく収入面や労働環境などさまざまなことを考慮したうえで、転職することについて判断する必要があります。
 

一時的な感情での転職判断は禁物

転職の決断をする人が増えているとはいえ、すべての人が転職に成功するわけではありません。新卒3年目で残業もなく手取りで27万円受け取っている人は、給与面で、とても優遇された職場にいるといえます。
 
やりがいを求めての転職も否定されるものではありませんが、一時的な感情に流されての判断は避けた方がよいでしょう。今後、徐々にやりがいが得られるようになる可能性もあります。将来性なども考慮したうえでの決断が大切です。
 

出典

厚生労働省 令和5年賃金構造基本統計調査速報
厚生労働省 令和2年転職者実態調査の概況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集