更新日: 2024.04.05 働き方

「これセクハラかな~笑」とちゃかせばセクハラが許されると思っている上司。予防線を張られたらセクハラ認定は難しいでしょうか…。

「これセクハラかな~笑」とちゃかせばセクハラが許されると思っている上司。予防線を張られたらセクハラ認定は難しいでしょうか…。
セクシュアルハラスメントは深刻な問題です。軽い気持ちで起こした言動であっても、受け取る側(がわ)の気持ち次第ではセクハラになります。しかし、そのようなことを理解せずに、ちゃかしてセクハラ発言を続ける上司がいる場合、いかに対処すべきでしょうか。
 
この記事では、セクハラの定義を確認したあとで、慰謝料請求と金額決定のポイント、さらに客観的証拠の重要性について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

セクハラの定義

職場での性に関連する不適切な言動は、従業員に苦痛を与えたり、業務の品質を損ねたりします。このようなセクハラ行為は、性への興味や好奇心から生じる言葉や動作、または性別に関する固定観念に基づく行動を含む広い範囲を含みます。
 
重要なのは、これらの行動を受け取る側(がわ)の感情によってセクハラかどうかが決まるという点です。職場では、全員が尊敬と理解の精神のもとに働くべきであり、性に基づく不適切な言動によって人を傷つけることは決して許されるべきではありません。
 
このような状況を防ぐためには、企業は明確なガイドラインを設定し、性に関連する不適切な言動に対して容認しないとの姿勢を取ることが不可欠です。
 
また、従業員がこのような問題を安心して報告できる体制を整えることも重要といえます。職場での尊重と平等は、全員が快適で生産的な環境で働くための基礎であることを従業員全員に周知する必要があります。
 

セクハラで慰謝料が発生するケース

職場でのセクハラによる心の傷は、その深刻さを言葉で表すのが難しいものです。被害者に対する慰謝料の支払いは、心理的ダメージに対する償いとなるでしょう。
 
しかし、慰謝料の額は一律に定められず、それぞれの事案に応じて異なります。接触の有無、行為の悪質さ、繰り返し行われたかどうかなど、多くの要因が慰謝料の額に影響を与えるのです。セクハラが原因で休職や退職に至った場合、その精神的苦痛はさらに重く、慰謝料の額も増額されることがあります。
 
これらの事例から分かるように、慰謝料の額は被害者の受けた精神的苦痛の深刻さに基づいて決定されます。職場でのセクハラは、被害者の心に深い傷を残すだけでなく、その人生にも大きな影響を与えるため、適切な慰謝料請求は被害者の当然の権利といえるでしょう。
 

ちゃかしてもセクハラはセクハラ

自分の行為をちゃかしながら予防線を張るような言動は、その発言がセクハラであることを認識しているともいえます。このような行為は、セクハラが意図的であることが明白であり、場合によっては慰謝料請求を有利に進める要素となる可能性があるでしょう。
 
ただし、慰謝料請求の成立は、被害者が受けた精神的苦痛の証明に依存します。このため、発言がどの程度の精神的苦痛を引き起こしたかを証明する客観的証拠が必要となります。
 

予防線はセクハラの免罪符ではない

職場では、すべての人が尊重され、安全に感じられる環境を保つことが重要です。セクハラは、どんな形であれ、許されるべきではありません。
 
ここで紹介したセクハラの定義を理解すれば、セクハラに対する予防線を張ってみても、その行為が許容されないことが分かるでしょう。ただし、慰謝料を請求するには、被害者が受けた精神的苦痛の証明が不可欠です。
 

出典

人事院 セクシャル・ハラスメント
グリーンリーフ法律事務所 セクハラ被害者からの慰謝料請求、会社が支払うべき慰謝料の金額はいくらが妥当か?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集