更新日: 2024.04.17 働き方

昼休みは1時間きっちり休み、加えて何度もタバコ休憩に行く同僚。残業もほぼしないのに、私と同じ給料なのが納得いきません…。減給処分になりますか?公平性を保つ方法はないのでしょうか?

昼休みは1時間きっちり休み、加えて何度もタバコ休憩に行く同僚。残業もほぼしないのに、私と同じ給料なのが納得いきません…。減給処分になりますか?公平性を保つ方法はないのでしょうか?
職場にはさまざまな働き方が見られます。なかには昼休憩をきっちりと取ったうえで頻繁にタバコ休憩を取る同僚もいるでしょう。非喫煙者と比べて実質的な休憩時間が長いのに残業はほとんどせず、より長く就業している社員と同じ給料をもらっている場合は不公平さを感じる方もいます。
 
このような場合、タバコ休憩を理由に減給などの対応をすることはあるのでしょうか。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

労働基準法における休憩時間と給料の関係

労働基準法では、労働者の休憩時間について明確な規定が設けられています。法律で定められた休憩時間は労働者の権利として保護され、これを侵害することは許されていません。
 
給料は基本的に労働時間や労働の成果に基づいて支払われるものであり、休憩時間の取り方は給料に直接影響しないと明記されています。休憩時間の取り方が労働成果に直接的な影響を及ぼさない限り、給料の減額を正当化することは困難です。
 
ただし、これは会社が決めた公平な休憩時間を指しており、個人が勝手に取った休憩時間は含まれません。タバコ休憩が暗黙の了解になっていたとしても、就業規則や労働基準法で定められた休憩時間および就業時間に違反している場合は不履行となる可能性はあります。ただし、減給処分になる場合は、明確な証拠が必要になってくるでしょう。
 

タバコ休憩が職場に与える影響

タバコ休憩を頻繁に取ることの職場への影響は、その環境や労働者の業務内容により異なります。短い休憩が労働者の集中力を高め、生産性を向上させる可能性がある一方で、これが同僚間の不公平感を生じさせることもあるでしょう。タバコ休憩の頻度と時間が職場全体のルールや合意に基づいていない場合、不満やストレスの原因となることもあります。
 
さらに、非喫煙者と喫煙者間の公平性を保つためには、職場全体で明確なガイドラインを設定することが不可欠です。喫煙者は短い休憩時間を利用してタバコを吸うことができますが、この短い休憩時間が非喫煙者に提供されないことが不公平感などの原因になります。
 
たとえば非喫煙者に対して「10分ティータイム」のような喫煙者と同じように休憩を取る権利を与えれば問題は小さく収められるでしょう。
 

給料と働き方の公平性をどう保つか

給料と働き方の公平性を保つためには、明確な評価基準と公正な報酬制度が欠かせません。業績評価においては、労働時間の長さだけでなく、労働の質や成果に重点を置くことが重要です。また休憩時間の取り方についても、職場全体でルールを設けることで不公平感を減少させることにつながるでしょう。
 
具体的には、タスクの達成度やプロジェクトへの貢献度を評価の基準に含めることで単純な出勤時間だけでなく、実際の業務成果を反映した給料体系を構築することが推奨されます。
 
さらに定期的なパフォーマンスレビューを通じて労働者一人ひとりの成果と努力を適切に評価し、それに基づいた報酬を提供することが職場のモチベーションと公平性を高める鍵となります。給料と働き方の公平性を確保するためには、透明性の高いコミュニケーションと共に柔軟かつ公正な評価システムの導入が不可欠です。
 

職場の公平性はルールとコミュニケーションで保つ

タバコ休憩が認められていることで実質的な労働時間が非喫煙者よりも少なくなるならば、タバコ休憩を禁止してしまえば話は簡単です。日本全体に禁煙の傾向が強まっていることもあり、大きな支持を得られるでしょう。
 
しかし、喫煙者の労働生産性を損なうリスクが懸念されます。解決法はそれぞれの環境に応じて異なるものの、例えば非喫煙者に同様の待遇を与えることで公平性を保つのがおすすめです。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集