更新日: 2019.05.17 その他家計

ランチやディナー、お茶や飲み会など「外食」の頻度・利用金額はどれくらい?平均とあなたの家庭を比べてみよう

ランチやディナー、お茶や飲み会など「外食」の頻度・利用金額はどれくらい?平均とあなたの家庭を比べてみよう
みなさんは週に何回くらい外食をしますか?
 
会社勤めの方は、お弁当をつくる日もあればコンビニで済ます日も、さらには社食利用や近場のお店にさっと食べに行く日もあるかもしれません。主婦の方は、ママ友とお茶ついでにカフェでランチ……なんて日もありますよね。
 
そこで今回は、外食にまつわるアレコレをチェックしてみたいと思います。
 
FINANCIAL FIELD編集部

Text:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

男性はランチでは外食を選びがち?外食の平均頻度とは

これまでに複数回「外食に関するアンケート調査」をしているマイボイスコム株式会社が発表した、第6回目の調査結果(※1)を見てみます。(10代〜70代の男女対象)
 

【昼食の外食頻度】

1位:月に数回程度       21.0%
2位:2〜3ヶ月に1回程度    17.0%
3位:月に1回程度       14.3%
4位:昼食の時、外食はしない 14.0%
 
ランチで外食すると答えた人は、9割弱という結果に。なかでも一番多いのは、月に数回ペースでした。しかし、男女別に見ると男性の方がランチの外食率が高く、週1回以上と答えた男性は40%を超えています。サクっと入れるお店でササッとランチを済ませ、仕事に戻る人が多いのでしょうか。
 
では、ディナーに関してはどうなっているのか見てみましょう。
 

【夕食の外食頻度】

1位:2〜3ヶ月に1回程度    23.9%
2位:月に数回程度       19.4%
3位:月に1回程度       17.2%
4位:夕食の時、外食はしない 13.4%
 
こちらもランチと同じく、外食すると答えた人は9割弱でした。しかしランチよりも頻度は低く、一番多いのは2〜3ヶ月に1回という結果に。
 
ちなみに、ランチを外食する人のうち、約半数が平日の昼にすると回答しています。いっぽうでディナーを外食する場合、約半数が休日の夜にすると回答しています。
 
この結果から、外食をするタイミングは、仕事をしている平日のランチと休日のディナー……というパターンが多いことがわかりました。
 

ランチ、ディナーそれぞれ外食の予算は?

一般的に、外食でいくらくらいつかうものなのでしょうか。引き続き、マイボイスコム株式会社の調査を見ていきましょう。
 

【外食(昼食)時の1回あたりの支出額】

1位:800〜1000円未満  30.6%
2位:1000〜1200円未満 16.0%
3位:700〜800円未満   14.4%
 

【外食(夕食)時の1回あたりの支出額】

1位:1000〜1200円未満 17.3%
2位:2000〜3000円未満 14.2%
3位:800〜1000円未満  12.3%
 
ランチは800〜1000円未満が3割となかなかボリュームを占めていますが、ディナーに関してはほどよくばらついている印象です。
 
2〜3ヶ月に1回の外食ディナーだからといって、みなさんそこまで奮発しているわけでもなさそうですね。
 

お店をリピートする決定打はやっぱりコスパ!?

ちなみに、外食する際、気に入った店をリピートするという人はどのくらいいるのでしょうか?株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査結果(※2)をチェックしてみます。
 

【1週間の外食回数に占めるリピート利用率】

男性:80.3%
女性:73.4%
 
全体でリピート利用率は77.5%という割合に。行きつけの馴染みの店に通うという方が意外に多いようです。
 
では次に、リピートする決め手について見ていきましょう。
 

【飲食店に一度来店した後、「また行ってみたい」と思うお店は、どのような飲食店ですか】

1位:料理・メニュー           55.9%
2位:価格の安さ・コストパフォーマンス 42.1%
3位:店内の清潔さ            34.2%
 
やはり、自分の好きなメニューが食べられて、コスパもよく、滞在していても嫌悪感のない清潔なお店がリピートに値するようですね。
 
ちなみに同調査によると、リピート率が高いのはディナーよりもランチの時間帯のほうが多く、なんと8割以上を占めるのだとか。
 
業態別にみると、「ファストフード」「牛丼、カレーなど、一品もの専売業態」「立ち食いのラーメン、うどん・そば業態」「ファミリーレストラン、回転すしなど」のリピート利用率が高く、いずれも9割以上という結果になっています。
 
やはりみなさん、昼休みの時間が限られているなか、あまり冒険せず馴染みの心地よい店でランチを済ませているのでしょうか。
 
外食の頻度、予算、リピートのポイントなど、みなさんのご家庭はいかがでしょうか?自炊がメインの人も、外食が多い人も、「お気に入りのメニューが食べられてコスパのいい清潔なお店」をテーマに外食を楽しみたいものですね。
 
※1 マイボイスコム株式会社「外食に関するアンケート調査」
※2 株式会社リクルートライフスタイル「飲食店リピート実態&要因調査」
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集