fbpx 

更新日: 2021.11.01 年収

年収800万円独身の生活レベルってどんな感じなの?

年収800万円独身の生活レベルってどんな感じなの?
年収が800万円に届きそうになり「年収800万円独身の生活レベルを知りたい」「年収800万円を稼ぐ人はどのくらいいるのか」など、疑問を持っている方もいるではないでしょうか。
 
生活レベルを知ることで、今後の資金計画や生活計画について考えやすくなります。ここでは、年収800万円を稼いでいる方の割合や生活レベルについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年収800万円稼いでいる人の割合

 
国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得(給料+手当+賞与)者5245万人の給与階級別の割合は、図表1のとおりです。
 
【図表1】

男性 女性 男女
800万円超900万円以下 4.1% 0.8% 2.8%
900万円超1000万円以下 2.8% 0.4% 1.8%
1000万円超1500万円以下 5.2% 0.7% 3.4%
1500万円超2000万円以下 1.1% 0.2% 0.7%
2000万円超2500万円以下 0.4% 0.1% 0.2%
2500万円超 0.4% 0.1% 0.3%

※国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」より
 
上記のとおり、年収800万円台の割合は男性が4.1%、女性が0.8%、男女計で2.8%です。また、年収が800万円より多い方の割合は男性が14.0%、女性が2.3%、男女計は9.2%になります。
 
年収800万円台の方はおよそ36人に1人、800万円より多い方はおよそ11人に1人の割合です。
 

平均給与は433万1000円

 
国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は433万1000円でした。男性は532万2000円、女性は292万6000円です。全体では前年比-1.4%、男性は-1.0%、女性は-0.8%となります。
 
平均給与の内訳は、図表2のとおりです。
 
【図表2】

令和2年分 平均給料・手当 平均賞与 平均給与
男性 449万4000円 82万8000円 532万2000円
女性 253万8000円 38万8000円 292万6000円
368万5000円 64万6000円 433万1000円

※国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」より
 

年収800万円稼いでいる人の手取り

 
年収800万円を稼いでいても、すべてが手元に残るわけではありません。年収800万円から、所得税や住民税、社会保険料などが引かれます。手取り額は、扶養家族の有無など細かい条件によって変わりますが、およその金額は把握することが大切です。手取り額が分かれば、生活イメージがしやすくなり、早い段階で具体的な資金計画を立てられます。
 

手取りはおよそ600万円

 
年収800万円の場合の手取り額は、およそ600万円です。例えば、30代独身で年収800万円の場合、所得税が約47万円、住民税約46万円、社会保険料約112万円が控除されます。「年収800万円−(約47万円+約46万円+約112万円)=595万円」となり、手取りはおよそ600万円です。
 
また、所得税や住民税、社会保険料は、妻や子どもなど扶養家族がいる場合は控除が受けられます。
 

年収800万円独身の生活

 

例として、年収800万円、手取り600万円の30代独身で都内住まいの場合、図表3のような生活が考えられます。
 
【図表3】

内訳 金額(万円)
家賃 13.0
水道光熱費 1.5
通信費 1.0
食費 7.0
交際費 5.0
趣味 3.0
日用品 2.0
合計 32.5

 
ボーナスがなく手取りが月50万円(手取り年収600万円÷12)だとすると、毎月17万5000円のお金が余ります。月10万円以上を貯金や投資にまわすことが可能です。また、車を所有しても、お金には余裕があるでしょう。

 

年収800万円の独身は浪費しなければ生活には困らない

 
年収800万円で独身の場合、大きな浪費やぜいたくをしなければ、特に生活には困りません。毎月10万円以上を、貯金や投資にまわすことも可能です。ただ、将来的に結婚して家族が増えると、家計に余裕がなくなりますので、早めに貯金や投資をして備えておくことが大切です。
 
なお、住んでいる場所や生活の仕方によって収支は変わります。ぜひ、自分が年収800万円を稼いだ場合のシミュレーションも行ってみてください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行