更新日: 2021.11.02 年収

年収500万円稼ぐ女性は日本にどれくらいいる?

年収500万円稼ぐ女性は日本にどれくらいいる?
周囲の人の年収が気になり「年収500万円稼ぐ女性はどれくらいいるのか」「年収が500万円を超える人は多いのか」など疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。
 
ここでは、年収500万円以上稼ぐ女性の割合や推移について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年収500万円の手取り

 
年収500万円の場合、手取り額は390万〜400万円程度です。100万円ほどが所得税や住民税、社会保険料などで引かれるためです。ただし、独身や既婚、雇用形態や扶養家族などによって控除が変わるため、手取り額にも差が出るので注意してください。
 

年収500万円以上稼ぐ女性の割合・推移

 
国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年分)」の「給与階級別給与所得者数・構成比」によると、1年を通じて勤務した給与所得者5245万人の内、女性(2167万9000人)で年収が500万円を超える人の割合と、過去の推移は図表1のとおりです。
 
【図表1】

    

年収が500万円を超える女性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
10.7% 11.3% 12.2% 12.6% 12.1%

 
また、年収が500万円台の女性の割合と推移は、図表2のようになります。
 
【図表2】

    

年収が500万円台の女性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
5.0% 5.4% 5.6% 5.5% 5.7%

 
令和2年の数字を見ると、年収500万円台の女性はおよそ18人に1人、年収が500万円より多い女性はおよそ8人に1人いることが分かります。
 

年収500万円以上稼ぐ男性の割合・推移

 
同じ国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年分)」の「給与階級別給与所得者数・構成比」を基に、1年を通じて勤務した給与所得者の男性(3076万7000人)の内、年収が500万円より多い男性の割合と、過去の推移についてもみてみましょう【図表3】。
 
【図表3】

    

年収が500万円を超える男性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
41.1% 42.8% 44.0% 44.0% 43.1%

 
また、年収が500万円台の男性の割合と推移は、【図表4】のようになります。
 
【図表4】

    

年収が500万円台の男性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
12.8% 13.3% 13.5% 13.5% 13.4%

 
令和2年分のデータを見ると、年収500万円台の男性はおよそ7人に1人、年収が500万円を超える男性はおよそ5人に2人の割合です。女性の割合と比べると2倍以上になります。
 

年収500万円以上稼ぐ男女の割合・推移

 
年収500万円を超える男女計の割合と、年収500万円台の割合についてもみてみましょう【図表5】。
 
【図表5】

    

年収が500万円を超える男女の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
28.6% 30.0% 30.9% 30.6% 30.3%

 
また、年収が500万円台の男女計の割合と推移は、【図表6】のようになります。
 
【図表6】

    

年収が500万円台の男女の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
9.6% 10.1% 10.2% 10.1% 10.2%

 
令和2年分のデータを見ると、1年を通じて勤務した給与所得者5245万人のうち年収が500万円を超える人はおよそ3人に1人、年収が500万円台の人は10人に1人です。
 

給与所得者の女性のうち約8人に1人が年収500万円以上稼ぐ

 
国税庁の資料を基にすると、1年を通じて勤務した給与所得者の女性のうち、年収が500万円より多い女性は12.1%おり、およそ8人に1人の割合です。男性の割合(13.4%、5人に2人)よりは低いですが、「思っていたよりも多い」と感じる方もいるのではないでしょうか。
 
自身の年収と照らし合わせ、年収を上げる方法などについて、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
PayPay銀行バナー
アメックスグリーンカード