更新日: 2022.01.28 年収

タワマンを購入できる年収はいくら以上? ローン返済は年収の何割が妥当?

タワマンを購入できる年収はいくら以上? ローン返済は年収の何割が妥当?
タワマンは富裕層向けの高級住宅として普及していますが、高額なためローンを組んで購入するのが一般的です。一方で年収に合わない高額な物件を購入してしまい、ローンの返済に苦しむケースも少なくありません。ここではタワマン購入に適した年収やローン返済の目安、富裕層が好んで住む理由についてお伝えします。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

タワマン購入と年収の関係について

・最低でも1000万円の年収が必要

高額物件が多いタワマンは買う人を選ぶと言えますが、少なくとも1000万円以上の年収がなければ購入は難しいと言えるでしょう。立地や建物の築年数などで多少の違いはありますが、タワマンの多くは5000万円ほどの販売価格になっているためです。
 
一般的な分譲マンションよりも2割から5割ほど高額であり、タワマンというブランドが価値を決めているのも事実です。高級物件なのでそこに住む人も富裕層であることが望ましいとされ、タワマンを所有する業者によっては年収を理由に販売を拒否することもあるので注意が必要です。
 

・完済できるローンを組むことが条件

高額物件であるタワマンを現金一括払いで購入できる人は多くありません。大抵はローンを組み、物件に住みながら返済を続ける形になります。金融や不動産の業界において、住宅ローンの返済額は手取り年収の25パーセント以内が目安とされています。この割合なら家計を圧迫せずに返済を続けることが可能と判断されるためです。
 
年収1000万円の場合、人によって多少の違いはありますが手取り年収は約720万円です。その金額の25パーセントを返済に充てるとすると、毎月の支払額は約15万円になります。この数値から逆算した結果、5000万円のタワマンが購入可能と言えます。一方で年収は必ずしも一定とは限らず、景気の影響で金額が上下するのも事実です。
 
年収が下がり、完済が不可能とみなされると物件の差し押さえなど大きなトラブルに見舞われるおそれがあるので無理のない返済計画を立てることが大切です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

タワマンの魅力や高級物件として扱われる理由

・見晴らしがよく設備が豪華な物件が多い

タワマンの大きな魅力は高層建築ならではの見晴らしのよさです。上の階になるほどより遠くの景色が見えるようになります。同じ建物でも上の階の物件ほど高額になるのはそのためです。また、タワマンの多くは共有設備が豪華なので快適に使うことができます。
 
屋上庭園やラウンジ、ゲストルームなど、一流ホテルのような高級感を堪能することができます。また、物件によっては入居者だけが利用できるレストランやバーが営業している所もあります。高級タワマンならではの特別なひと時を過ごすには最適と言えるでしょう。
 

・安全に暮らすことができる

タワマンが富裕層に好まれているのは高級感のあるぜいたくな物件である他、安全が徹底されていることも大きな理由です。マイホームの安全を求めるのは当たり前のことですが、年収1000万円以上の富裕層にとって財産を狙う空き巣などの不審者は非常に恐ろしい存在と言えます。
 
タワマンの出入り口に常駐しているコンシェルジュは来訪者を案内するためのスタッフですが、不審者の侵入を防ぐ役目もあります。コンシェルジュの他に警備員がいる物件も多いので、空き巣などの不審者が入り込む心配はほとんどありません。
 
オートロックや防犯カメラなどの設備も充実している他、頑丈な強化ガラスを窓に使っている物件も多いので安全な暮らしを営むのに最適です。
 
タワマンは優秀なスタッフや高性能の設備が安全を保っているので、防犯管理の手間をかけずに生活することができます。
 

無理のない返済計画で高級タワマンでの暮らしを楽しむ

タワマンを購入するなら最低でも1000万円以上の年収が必要です。無理のない返済ができる住宅ローンを組むための最低条件なので、この点は妥協できないと言えるでしょう。
 
タワマンは高級感のある豪華な作りが特徴ですが、ローンの返済に気を病むようでは快適に暮らすのは困難です。自分の年収だけでローンの完済が可能になって初めて、タワマンを購入する資格があると言えます。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

ライターさん募集