更新日: 2022.02.01 年収

年収3000万円の手取りはいくら?生活レベルや貯蓄額もチェック

年収3000万円の手取りはいくら?生活レベルや貯蓄額もチェック
国税庁によると、日本人の平均給与は、一番給与が高い年齢層の50歳から54歳の男性でも737万円とされています。年収3000万円となると、その約4倍強の金額です。天引きされる税金も多くなるでしょうが、実際どのくらいの手取り額になるのか気になるところです。
 
どのような生活ができるのか、また貯蓄はどのくらいあるのかも併せてみてみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年収3000万円の場合の手取り額

サラリーマンならば会社からもらう給与明細や、年末にもらう源泉徴収票を見たことがあるでしょう。給与から社会保険料や所得税の金額が天引きされていて、年収3000万円といっても実際の手取りの金額はもっと少ない金額になります。
 
毎月の給与計算の際には、会社は所得税の金額を概算で天引きしていて、実際の支払うべき金額は1年間が終わってみないと分かりません。ここでは年収3000万円の人のお給料の明細をつくるつもりで手取りを想定してみましょう。
 
年収3000万円を単純に12ヶ月で割って、月収250万円と考えます。まず、社会保険料については政府管掌のものを基準に想定し、標準月額報酬早見表を見ると健康保険料は8万円弱、厚生年金保険料が6万円弱です。
 
所得税については、56〜 60万円の徴収がされます。住民税は前年分の収入によりますが、毎年の年収が変わらないと考えると、15、6万円程度が差し引かれるでしょう。
 
徴収される金額を合計85〜90万円と考えて月収250万円から差し引くと、手取りは160万円から165万程度です。したがって、年の手取りでみると1900〜1980万円になります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

生活レベルや貯蓄額について

毎月手にするお金が160〜165万円の人の生活レベルはどのようなものでしょうか。まず前提として、国税庁の統計で年収1200万円以上の20〜30代はほとんどいないため、年収3000万円の人の場合は40代以降を想定してみましょう。
 
40代以降の年齢層では、子どもの学費の出費が考えられます。もし医大に通わせるのであれば、私立大学の場合、年間1000万以上の学費がかかるといわれています。子どもふたりを医大に通わせることを考えると、それほど派手な生活ができるわけではありません。
 
2人以上世帯の年収別貯蓄額では、年収1000〜1200万円の世帯が983万円に対し、年収1200万円以上では1792万円となっています。年収3000万円の世帯のデータが、年収1200万円以上に含まれてしまうため一概にはいえませんが、毎年貯蓄に回せる金額は予想より少ない印象ではないでしょうか。年収とともに、出費も増えると考えるのが自然でしょう。
 
高収入であれば、家も持ち家であることが考えられますし、経営者であれば、さまざまな人とのお付き合いも必要になってきます。子どもの学費や、持ち家の修繕、交際費など、高収入の世帯には出費もそれに見合ったものになることが考えられます。
 

年収3000万円の職業とは

年収3000万円の人の職業とはどのようなものがあるのでしょうか。サラリーマンで会社から3000万円のお給料をもらえるようになるのは、一般的には非常に困難です。芸能人やスポーツ選手などを除いて、年収3000万円に該当する人で一般的に考えられるのは、医療法人などの経営者でしょう。
 
またサラリーマンでは、外資系の投資銀行や外資系のコンサルティングファームなどの会社員です。経営者は常に従業員や事業のことを考えなければいけません。
 
外資系企業のサラリーマンの場合、年収3000万は不可能ではありませんが、外資系は実力主義のため、安定して年収3000万円が望めるわけではありません。いずれにせよ、年収3000万円もの高収入の仕事は、責任が重く、ストレスも多い職業といえるでしょう。
 

年収3000万円の人は社会貢献度が高い人

年収3000万円といっても、税金などに回る金額は多く、手取り額は大幅に減ります。この所得再分配の傾向は今後ますます顕著になってくるでしょう。
 
所得再分配とは、高所得の人から税や社会保険料を多く徴収し、低所得の人に間接的に分配する仕組みです。富の再分配ともいわれ、近年よく耳にする「所得格差」を解消するための仕組みです。高収入の人は、責任の重い仕事に従事してなお、社会に貢献しています。
 
出典
国税庁 平均給与
金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年調査結果
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集