更新日: 2022.02.17 年収

世帯年収1500万円の家庭は大阪にどれくらいある?

世帯年収1500万円の家庭は大阪にどれくらいある?
年収1500万円といえば、かなり高収入のイメージがありますが、世帯年収となるとどうでしょう。東京都に次ぐ経済規模を持つといわれる大阪府の世帯年収はどれくらいなのか気になるところです。
 
そこで世帯年収が1500万円の家庭は大阪にどれくらいあるのか、平均年収や全国との比較と合わせて紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

大阪府の平均世帯年収は?

 
厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、大阪府の平均賃金は32万400円です。全国の平均30万7700円に比べると高く、東京都の37万3600円や神奈川県の33万5200円よりはやや低くなっています。
 
平均年収は男性が約569万円、女性が約393万円です。約176万円の差があり、男女の賃金格差があることが分かります。
 
世帯年収となると、若干金額が増えます。大阪府で二人以上世帯数の年間収入の分布は図表1のとおりです。
 
【図表1】

年間収入 世帯数
~200万円 14万6869
200万円~300万円未満 26万2880
300万円~400万円未満 46万1861
400万円~500万円未満 34万5411
500万円~600万円未満 32万1305
600万円~800万円未満 45万7601
800万円~1000万円未満 25万1822
1000万円~1250万円未満 12万9935
1250万円~1500万円未満 5万5625
1500万円以上 6万2203

 
世帯数は300〜400万円が最も多くなっていますが、平均年収は約591万円です。
 
二人以上世帯のなかでも世帯主が会社や官公庁に勤めている勤労者世帯では次の図表2のとおりです。
 
【図表2】

年間収入 世帯数
~200万円 2万1922
200万円~300万円未満 4万8871
300万円~400万円未満 16万6921
400万円~500万円未満 19万9342
500万円~600万円未満 19万4675
600万円~800万円未満 30万7033
800万円~1000万円未満 18万4686
1000万円~1250万円未満 8万7907
1250万円~1500万円未満 3万4619
1500万円以上 2万2638

 
勤労者世帯では年収600万円〜800万円の世帯数が圧倒的に多く、平均年収は約653万円です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

世帯年収1500万円の家庭の割合

 
「2014年全国消費実態調査」によると大阪府で二人以上の世帯年収が1500万円を超える家庭の割合は約2.5%、勤労者世帯の場合は約1.8%です。一方、平成29年度東京都福祉保健基礎調査「東京の子供と家庭」によると、東京都の1500万円を超える世帯は約4.9%です。
 
東京都は平均賃金が大阪府より高く、世帯年収が高い人が多いといえます。ただし、東京、大阪いずれの場合も世帯年収1500万円の家庭の割合は少なく、年収1500万円を超えるのは非常に難しいことが分かります。
 
また、世帯年収が1500万円以上の勤労者世帯の1ヶ月当たりの収入の内訳や可処分所得は図表3のとおりです。
 
【図表3】

実収入 91万1421円
世帯主の勤め先収入 61万2292円
世帯主の配偶者の勤め先収入 18万3331円
他の世帯員の勤め先収入 3万9976円
可処分所得 72万4320円

 
世帯主以外に配偶者やその他の家族も収入を得ているのが特徴です。さらに可処分所得は72万4320円と平均可処分所得36万9904円に比べて2倍近くあります。
 

大阪で世帯年収1500万円を超える家庭は少ない

 
大阪で世帯年収が1500万円を超える家庭は数%とかなり少ないことが分かりました。全国規模で見ると、平均賃金の比較的高い大阪府でも年収1500万円はハードルが高いことがうかがえます。さらに世帯主以外の家族も収入を得ていることが多いようです。ぜひご自身の家庭の世帯収入を確認するきっかけにしてください。
 
出典
平成26年全国消費実態調査 大阪府の結果
令和2年賃金構造基本統計調査
平成29年就業構造基本調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集