更新日: 2022.02.25 年収

貯蓄2000万円を達成できるのは年収いくらから?

貯蓄2000万円を達成できるのは年収いくらから?
老後に2000万円の貯蓄がないと生活が厳しくなるという「老後2000万円問題」が2019年に金融庁の資料で話題になりました。収入が減ってしまう老後までに2000万円の貯蓄を目標にしている人も多いです。
 
では、貯蓄2000万を達成するには、年収がいくらあればよいのでしょうか。ここでは、65歳を目標として、年齢別に2000万円を達成できる年収について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新井智美

監修:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

2000万円を達成するために必要な年収を年齢別に紹介

・25歳独身で2000万貯めるために必要な年収

社会人になって3年程度の人は、まだ年収が低く、貯蓄ができないケースが多いです。25歳の単身世帯で全く貯金がない場合、65歳までに2000万円を貯めるには、毎月4万1667円の貯蓄が必要です。総務省が2020年に調査した家計調査(家計収支編)によると単身世帯の支出は1ヶ月あたり15万506円でした。必要な貯蓄額と支出を合わせて年間に必要な金額は230万円程度で、300万円の年収が必要です。
 
厚生労働省が令和元年に発表した賃金構造基本統計調査では、20代の年収中央値は250〜290万円。中央値よりも高い、300万円の年収を得ていないと2000万円を貯めるのは難しいです。
 

・35歳で家族を持つ人が2000万円を貯めるために必要な年収

35歳以上になると、家族を持ち、子どもが生まれ、教育費や生活費など負担が増大してくる時期でもあります。35歳で家庭を持っている人が65歳までに2000万円を貯めるには、貯金がないと想定して毎月5万5565円を貯めなければなりません。
 
総務省が2020年に調査した家計調査(家計収支編)によると二人以上の世帯の支出は1ヶ月あたり24万5278円でした。年間で必要な金額は361万円で、年収470万円あれば65歳までに2000万円を貯められます。賃金構造基本統計調査では、30代の年収中央値は330〜366万円のため、中央値以上の年収を得ていなければなりません。
 

・45歳で家族を持つ人が2000万円を貯めるために必要な年収

45歳になると、65歳まで20年間あります。子どもの教育費や住宅ローンなどで貯蓄がなかなかできない時期ですが、貯蓄が全くない場合、毎年8万3334円を貯めなければいけません。二人以上の世帯の支出に加えて、20代の2倍の貯蓄が必要となるため、年間で394万が必要です。年収は520万を超えていないとその金額を貯金するのは難しくなります。
 
40代になると、管理職などになり年収がアップする人も多くなりますが、年収中央値は397~433万円のため、夫婦共働きなどするなどして、年収をアップさせるなどの工夫が必要です。
 

・55歳で家族を持つ人が2000万円を貯めるために必要な年収

55歳になると、子どもが独立したり、教育費の負担が減るなどして、家計の負担が減る家庭が増えてきます。貯蓄をある程度している家庭も多いですが、貯蓄ができなかった場合には、65歳に向けてかなり高い貯蓄をしなければなりません。貯蓄がない場合には、10年間で毎月16万6667円の貯蓄が必要です。
 
50代では年収は最も高くなりますが、年収中央値は432~456万円。年間で494万円程度の資金が必要で、年収は650万円を超えていなければ達成が難しいです。
 
毎月の支出に加えて16万円以上の貯蓄が必要なため、固定費を減らし、共働きなどして収入を増やしましょう。60歳以上になると年収が下がる傾向にあるため、それまでどれだけ貯蓄できていたかが2000万円の貯蓄が可能かどうかを左右します。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

貯蓄以外の方法で資産を増やす

メガバンクの金利は0.002%程度。大手銀行に100万円を預けても年間で20円未満の利息しか受け取ることはできません。効率的に資産を増やす方法に投資があります。
 
投資は元金を保証することはできず、株価や為替の動きで価格が変わるというリスクがありますが、年間で3〜5%の利回りが期待できることも多いです。投資に回す金額を増やせば増やすほど、合計の資産が増やせるため、投資を活用して資産形成を行う人も増加しています。NISAやiDeCoなど利益が非課税になる国の制度を利用すれば、投資のハードルも下がるでしょう。
 
年収のアップが期待できない人は、固定費の削減や副業などをして支出を減らし、収入を増やす努力をするとともに、投資を行って効率的に資産運用を行ってください。
 

2000万円を貯められる年収と貯蓄を始める年齢

2000万円を貯めるには、始める年齢や年収が大きく関係します。20代では300万円の年収があれば無理なく65歳までに2000万円を貯めることが可能です。55歳では、年収650万円以上なければ2000万円を貯めるのは容易ではないことがわかります。家族構成や年齢によって、支出が大きく変わりますが、固定費を減らし、投資などの資産運用と合わせて収入を増やすことで、2000万円の貯蓄は可能です。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

PR
townlife-banner
ライターさん募集