更新日: 2022.02.28 年収

4人家族の理想的な世帯年収はいくら? 生活費の平均もチェック

4人家族の理想的な世帯年収はいくら? 生活費の平均もチェック
子どもが成長すると学費だけではなく、塾の費用や仕送り金といった費用も発生します。特に私立大学に通う場合は、学費も多くなりがちです。
 
そのため、4人家族の理想的な世帯年収はいくらなのか、知りたいという方も多いでしょう。
 
本記事では、児童のいる世帯の平均的な世帯年収や、理想的な世帯年収について詳しく解説します。生活費の平均も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

4人家族の平均世帯年収

 
厚生労働省の調査によると、児童のいる世帯の平均所得金額は約 745 .9万円となっています。
 
なお、同世帯に対する生活意識調査では、「普通」との回答が35.6%であったのに対して、「やや苦しい」が34.9%、「大変苦しい」が25.5%です。
 
一方で、「ややゆとりがある」は3.3%、「大変ゆとりがある」と回答したのは0.8%に留まっているため、平均世帯年収での生活は比較的苦しいことが伺えます。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

4人家族の平均生活費

 
4人家族の1ヶ月間の項目別平均生活費は、図表1のとおりです。
 
図表1

項目 1か月間の平均支出額
食費 8万7017円
住居 1万6570円
水道光熱費 2万3477円
家具・家事用品 1万3082円
被服及び履物 1万1929円
保険医療費 1万2867円
交通通信費 4万6649円
教育費 2万9963円
教育娯楽費 2万9394円
その他の消費支出 4万9142円
総計 32万0090円

 
児童のいる世帯の平均所得金額は約 745.9万円であるため、支出額の総計が約29万円であれば、余裕のある生活ができるように思われます。
 
しかし、子どもの通う学校が私立の場合や、首都圏の賃貸物件に住んでいる場合など、条件によっては生活費に不足するケースも多いと考えられます。
 
また、上記のデータは4人世帯全体の平均なので、世帯主の年齢や子どもの学年、夫婦共働きであるかどうかなどによっても、生活における「ゆとり」の意識は大きく変わってくるでしょう。
 
ただし、食費や水道光熱費、被服及び履物代といった、節約できる範囲の出費は、平均額に対して使い過ぎなのかどうかを判断する材料になるはずです。
 
出費が平均よりも多い場合は削れるところから削り、将来に備えた貯蓄などに回すなどの工夫をしてもいいでしょう。

 

4人家族の理想的な世帯年収は?

 
4人家族の理想的な世帯年収は、子どもの年齢や進学する学校、居住地、住宅ローンの有無などによって全く異なると考えた方がよいでしょう。
 
例えば、幼児のいる世帯では「子ども用衣料」にかかる支出が、他の年代に比べて多くなります。幼児は成長が早いので、洋服やシャツ、セーターなどがすぐに着られなくなり、頻繁に買い替えなければいけません。そのため、他の年代に比べて支出が多くなるのです。
 
子どもが成長して学校に通うようになった世帯では、授業料や学習参考書代などの費用が多くなります。
 
また、世帯主が40歳代の場合は、子どもが中学や高校に在学している割合が高くなるため、学習塾や家庭教師への月謝などに関する支出が多くなります。
 
子どもが大学に入って一人暮らしを始めれば、学費の他に仕送り金なども必要になるでしょう。事実、世帯主が50歳代の世帯では、子どもへの仕送り金の支出が、世帯主40歳代の世帯に比べて約2.4倍となっています。
 
したがって、子どもが高校卒業後すぐに就職した世帯と、大学生の子どもがいる世帯とでは、理想の世帯年収は大きく変わると考えてよいでしょう。
 

4人家族の理想的な世帯年収は家族構成によって大きく変わる

 
4人家族の家族構成は多岐にわたります。そのため、自分の家族構成や子どもの学年など、さまざまな状況を考慮したうえで、4人家族の理想的な世帯年収はいくらなのかを判断する必要があるでしょう。
 
生活費の平均もチェックしましたが、あくまでも「平均」であるため、実際の生活費は家族構成や子どもの年齢、通っている学校などによって大きく変わります。
 
出典
厚生労働省 2019年 国民生活基礎調査の概況
家計調査 家計収支編 第3-1表
統計局統計局 家計簿からみたファミリーライフより 第4章 年齢階級別に見た暮らしの特徴
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集