更新日: 2022.02.28 年収

「コンサルタント」の仕事に就いている人の平均年収はいくら?

「コンサルタント」の仕事に就いている人の平均年収はいくら?
コンサルタントは、高収入のイメージがありますが、平均年収はいくらくらいなのでしょうか。コンサルタントと一言で言っても、外資系コンサルタントや経営コンサルタントなど、さまざまな専門分野があります。
 
本記事では、コンサルタントとはどのような仕事なのか、コンサルタントの平均年収を専門分野ごとに分けて紹介します。コンサルタントに憧れている人は、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

「コンサルタント」とは?

コンサルタントの語源は「consult(相談する)」からきており、サービスや商品を売るのではなく、コンサルティングすることを商品として対価を受け取ります。主な仕事内容は、相談を受けた企業の経営課題を抽出し、改善のためのアドバイスや提案を行うことです。
 
コンサルタントは、多くの企業が抱える幅広い課題を解決するため、経営に特化した経営コンサルタント、IT系に特化したITコンサルタントなど、さまざまな種類があります。
 
担当する分野の専門知識はもちろん、高度なコミュニケーション能力や物事を論理的に組み立てる能力などが求められるでしょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

「コンサルタント」の平均年収

コンサルタントの平均年収は、数ある職種のなかでも高いほうだと言われていますが、いくらくらいなのでしょうか。
 
この見出しでは、専門分野別に分けて、外資系コンサルタント・経営コンサルタント・ITコンサルタント・建設コンサルタントの4職種の平均年収を紹介します。同じコンサルタントでも、専門分野が違うと、平均年収にどれくらいの差が生まれるのでしょうか。
 

外資系コンサルタント

外資系コンサルタントの平均年収は、下記を参考にしてください。

●20代:600~2000万円
●30代:2000~5000万円
●40代:5000~2億円

外資系コンサルタントは、大きく分けて経営戦略系・IT系・総合系・専門系の4つのタイプがあります。平均年収は年代ごとに見てもばらつきがあり、40代になると5000〜2億円とかなり年収も高くなることがわかりました。
 

経営コンサルタント

経営コンサルタントの平均年収は、下記を参考にしてください。

●20代:550~650万円
●30代:600~750万円
●40代:700~900万円

経営コンサルタントは、企業の経営状況を把握し、戦略策定をサポートします。経営コンサルタントになるのに、特定の資格はありません。
 
企業のために、最適な企業活動戦略をするためにも、高度な老理的思考力が求められるでしょう。平均年収は、20代でも550~650万円、40代になると900万円稼ぐ人もいます。
 

ITコンサルタント

ITコンサルタントの平均年収は、下記を参考にしてください。

●20代:450~550万円
●30代:600~750万円
●40代:800~900万円

ITコンサルタントは、IT関連全般の戦略を企業に提供します。現代の多くの企業では、ITツールが積極的に活用されています。企業の経営状況を把握・改善するために、企業価値を高められるシステムを構築します。
 
平均年収は、20代が450~550万円、40代になると900万円稼ぐ人もいて、経営コンサルタントと近い年収であることがわかりました。
 

建設コンサルタント

建設コンサルタントの平均年収は、下記を参考にしてください。

●20代:350~450万円
●30代:400~550万円
●40代:500~700万円

建設コンサルタントは、重機を用いた施工業務ではなく、主に人的リソースの配置や分析業務を行います。国土・土地設備などの国家運営に関わるため、公的業務のサポートが多いでしょう。
 
平均年収は、20代が350~450万円、40代は500~700万円であり、ほかの専門分野のコンサルタントと比べると低い傾向にあります。
 

コンサルタントは専門分野により平均年収が異なる

コンサルタントは、専門分野により外資系コンサルタントや経営コンサルタントなど、さまざまな種類があります。どの分野かによって、平均年収は大きく異なり、外資系コンサルタントの場合は40代で2億円になる人もいるようです。
 
コンサルタントになるために、特別な資格は必要ありません。コンサルタントを目指している人は、ぜひ専門分野も視野に入れながら参考にしてください。
 
出典
dodaの「職種図鑑全100職種」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集