更新日: 2022.03.25 年収

老後に年金を20万円以上受け取れるのは、年収いくらから?

老後に年金を20万円以上受け取れるのは、年収いくらから?
公的年金には、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2種類があります。そのうちの老齢厚生年金は、年収や加入期間によって年金額が変わるため、将来受け取れる年金額は人によって違います。
 
本記事では、老後に年金を月に20万円以上受け取れるのは、年収いくらからなのかを解説します。老後資金はいくらくらい必要なのかも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年金を20万円以上受け取れる年収は?

三井住友銀行の年金試算シミュレーションを使って、年金を月額20万円以上受け取れる年収を見ていきましょう。なお、今回のシミュレーションでは、年収以外の条件は統一しています。
 

【条件】

35歳男性就業開始年齢:20歳
就業終了年齢:60歳
現在の年収:400~1000万円(100万円ずつ増やして試算)

 
老齢基礎年金額は、一律で6万4000円です。老齢基礎年金と老齢厚生年金の合計額は、(表1)のようになりました。
 
(表1)

年収 年金額
400万円 14万4000円
500万円 16万4000円
600万円 18万4000円
700万円 19万8000円
800万円 19万8000円
900万円 19万8000円
1000万円 19万8000円

 
試算結果によると、年収700万円以上は年金額が19万8000円でした。
 
三井住友銀行の年金試算シミュレーションでは、20万円以上かどうかまで調べられませんでしたが、年収800万円以上の人は、年金20万円以上もらえるのではないかと推測できます。

 

老後資金はいくらくらい必要?

総務省「家計調査 家計収支編」の「(高齢者のいる世帯)世帯主の就業状態別1世帯当たり1か月間の収入と支出」より、1世帯あたりの1ヶ月の支出を見ていきましょう。
 
(表2)

世帯 消費支出
2人以上の世帯 26万247円

 
2人以上の世帯の場合、1ヶ月あたりの消費支出額は26万247円です。仮に、年収400万円の人の場合、将来受け取れる年金額は14万4000円であり、専業主婦の妻がいれば、妻の分の老齢基礎年金額6万4000円を足して20万8000円になります。
 
2人の年金額を合計しても、1ヶ月の消費支出を差し引くと5万2247円の赤字となるため、老後資金はしっかりと貯めておく必要があるでしょう。
 
では、年収700万円で年金額19万8000円の場合だと金額はどれくらい変わるのでしょうか。
 
同じ条件で、専業主婦の妻がいたと仮定すると、19万8000円に6万4000円を足して26万2000円です。この場合も、赤字となり、生活はギリギリになると考えられます。
 
年金を受け取れる65歳から80歳までの15年間で、1ヶ月の消費支出が毎月27万7029円だった場合、年収400万円の人は1242万5220円、年収700万円の人は270万5220円がマイナスになります。
 
「老後2000万円問題」などと言われることもありますが、老後資金を余裕をもって貯めるのであれば、数百万円〜2000万円ほど準備しておくと安心でしょう。

 

老後資金を貯めるのにおすすめの制度

老後資金は、早くから準備しておくに越したことはありません。老後の生活を少しでも豊かにするためにも、今のうちに使える制度をチェックしておきましょう。
 
ここでは、財形貯蓄とiDeCoの2種類の制度を紹介します。名前は知っていても、どんな制度かよく分からないという人は、ぜひ参考にしてください。

 

財形貯蓄

財形貯蓄制度は、大きく分けて一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄の3種類があります。財形貯蓄を始めるには、勤務先で財形貯蓄制度が導入されている必要があるため、職場の人事などに一度確認してみましょう。
 
財形貯蓄制度は、給与からの控除(天引き)なので、お金の管理が苦手な人でも安心して老後資金が貯められます。

 

iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、月々5000円から始められる、私的年金制度の1つです。会社員の場合、条件によって月額1万2000円~2万3000円まで積み立てられます。
 
積立金額も運用する商品も、自分で決めることができるので、リスクを抑えながら運用したい人に向いています。
 
なお、勤務先で「企業型確定拠出年金」に加入している人は、iDeCoの利用はできません。ただし、「個人型同時加入」を認めている場合は加入できますので、一度確認してみるとよいでしょう。

 

1ヶ月あたり年金を20万円以上受け取れるのは年収800万円以上

会社員の場合、老後に受け取れる年金額は、老齢厚生年金で大きく変わってきます。1ヶ月あたりの年金額を20万円以上にしたい人は、年収800万円以上を目標に頑張ってみましょう。
 
ただし、総務省の家計調査(2021年11月)によると、1世帯あたりの1ヶ月の消費支出額は27万7029円であることを考えると、1ヶ月の年金額20万円のみだと、老後の生活が苦しくなる恐れがあります。今のうちにしっかりと老後への備えを考えておきましょう。

 
出典
総務省「家計調査 家計収支編(高齢者のいる世帯)世帯主の就業状態別1世帯当たり1か月間の収入と支出」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行