更新日: 2022.03.28 年収

定年退職後にアルバイトで年収250万円。年金は減額されずに済みますか?

定年退職後にアルバイトで年収250万円。年金は減額されずに済みますか?
人生100年時代、定年退職後もアルバイトなどをして収入を得られる方は多いです。しかし、年金受給額やアルバイトの収入によっては、在職老齢年金制度によって年金額が一部または全額受け取れなくなる場合があります。
 
そこでここでは、定年退職後にアルバイトで年収250万円稼ぐ場合に、在職老齢年金制度で減額対象となるのか解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年金額が調整される「在職老齢年金」とは

 
70歳未満で厚生年金に加入して働く場合、または70歳以上で厚生年金加入が必要な企業に勤務している場合は、在職老齢年金制度によって年金額が調整されます。
 
基本月額(厚生年金受給額を12で割ったもの)や総報酬月額相当額(標準報酬月額と直近1年標準賞与額を足して12で割ったもの)によって、厚生年金の受給額が一部または全額受け取れない場合があります。
 
在職老齢年金制度は、「60歳以上65歳未満」または「65歳以上」によって年金額が減額される条件が異なるので注意してください。
 

60歳以上は年金+バイト代が28万円超で年金額が減る

 
60歳以上65歳未満の方は「基本月額+総報酬月額相当額」が28万円を超えると、在職老齢年金制度により厚生年金の受給額が減額されます。図表1は、基本月額と総報酬月額相当額に応じた年金の支給停止額です。
 
図表1

基本月額と総報酬月額相当額 年金の支給停止額
基本月額と総報酬月額相当額の
合計額が28万円以下
0円(全額支給)
基本月額28万円以下、
総報酬月額相当額47万円以下
(基本月額+総報酬月額相当額-28万円)×1/2×12
基本月額28万円以下、
総報酬月額相当額47万円超
{(47万円+基本月額-28万円)×1/2+(総報酬月額相当額-47万円)}×12
基本月額28万円超、
総報酬月額相当額47万円以下
総報酬月額相当額×1/2×12
基本月額28万円超、
総報酬月額相当額47万円超
{47万円×1/2+(総報酬月額相当額-47万円)}×12

 
例えば、アルバイト代が月10万円(報酬月額9万8000円)、賞与なし、厚生年金が年間108万円(月額9万円)の場合、基本月額と総報酬月額相当額の合計額は18万8000円です。
 
この場合、合計額が28万円以下となるため年金額の減額はありません。
 
また、法改正により2022年4月からは、年金額の支給停止基準が現行の「28万円」から「47万円」に緩和されます。
 
そのため、2022年4月からは基本月額と総報酬月額相当額の合計額が47万円を超えなければ、年金が減額されることはありません。
 

65歳以上は年金+バイト代が47万円超で年金額が減る

 
65歳以上の場合は、図表2のとおり、「基本月額+総報酬月額相当額」が47万円を超えると厚生年金の受給額が減額されます。
 
図表2

基本月額と総報酬月額相当額 年金の支給停止額
基本月額と総報酬月額相当額の
合計額が47万円以下
0円(全額支給)
基本月額と総報酬月額相当額の
合計額が47万円超
(基本月額+総報酬月額相当額-47万円)×1/2×12

 
65歳以上の場合は、法改正前・改正後どちらも支給停止基準は「47万円」です。基本月額(年金)+総報酬月額相当額(アルバイト代)が月47万円を超えなければ、アルバイトをしても年金が減ることはありません。
 

年金受給額が平均でアルバイト年収が250万円の場合

 
厚生労働省「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、年金受給額(月額)の平均は14万6145円です。老齢基礎年金などを除いた「基礎及び定額なし」の金額は6万6934円になります。
 
アルバイト年収250万円は月額20万8333円で、標準報酬は20万円です。
 
基本月額6万6934円と総報酬月額相当額20万円の合計は、28万円及び47万円以下となるため、「60歳以上65歳未満」「65歳以上」どちらの年齢でも年金受給額が減額されることはありません。
 

平均的な年金額+バイト年収250万円であれば年金は減額されない

 
在職老齢年金制度の年金支給停止基準は、60歳以上65歳未満が「28万円超」、65歳以上が「47万円超」です。したがって、平均的な厚生年金額とアルバイト年収250万円の場合は、在職老齢年金制度で年金が減額されずに済みます。
 
定年退職後にアルバイトを予定している方は、厚生年金額とアルバイト年収から、在職老齢年金制度の支給停止基準に該当するか確認しましょう。
 
出典
日本年金機構 在職中の年金(在職老齢年金制度)
日本年金機構 保険料額表(令和2年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)
厚生労働省 令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行