更新日: 2022.03.29 年収

年収2000万円の「パワーカップル」は老後の年金いくら受給できる?

年収2000万円の「パワーカップル」は老後の年金いくら受給できる?
年収2000万円もある「パワーカップル」だと、将来もらえる年金受給額も多くなると思われがちです。しかし、合計年収2000万円を超える「パワーカップル」でも、実際にもらえる年金受給額はカップルのパターンによって異なり、思っていたよりも少ない場合があります。
 
ここでは、年収2000万円の「パワーカップル」が老後の年金でいくら受給できるのか、詳しく解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年収2000万円の「パワーカップル」がもらえる年金額

年収2000万円の「パワーカップル」は幾つかパターンが考えられます。図表1は、合計年収2000万円になる「パワーカップル」のパターンと、年金の合計額をまとめたものになります。
 
図表1

合計年収2000万円のパターン 年金の年間合計金額
両方とも自営業 約153.6万円
片方が自営業で、もう片方は会社員 約302.4万円
両方とも会社員 約451.2万円

 
合計年収が同じなのに、パターンによってもらえる年金の合計金額が異なるのは、国民年金と厚生年金の違いが大きな理由です。
 

国民年金とは?

 
国民年金とは、日本国内に居住している20~60歳未満の全ての人が加入する年金のことです。65歳になったら老齢基礎年金が一生涯もらえる保障で、加入者(被保険者)には図表2のような違いがあります。
 
図表2

内容
第1号被保険者 主に自営業や農業、漁業の従事者や学生
国民年金の保険料を自分で納める
第2号被保険者 主に会社員や公務員など
厚生年金や共済組合に加入している
第3号被保険者 会社員や公務員などに扶養されている配偶者
個人的な納付はない

 
令和3年度の国民年金(老齢基礎年金(満額))の年間支給額は78万900円です。ただし、40年間全額納付した場合の金額で、未納や免除の期間があると減額されます。つまり、国民年金は年収がどれだけ多くても、将来もらえる年金の支給額は大きく変動しません。
 

厚生年金とは?

 
厚生年金とは、会社員や公務員が対象となり、国民年金に上乗せされる形で給付される年金です。国民年金と大きく違うポイントは、加入期間が長く、過去の年収が高いほど、将来にもらえる年金額も多くなることです。
 
また、国民年金に比べて厚生年金の方が、給付される年金額は高くなります。そのため、パワーカップルに厚生年金の受給資格があるかどうかで、年金受給額に違いが生じます。
 
ただし、年収が一定のラインに到達すると保険料が変わらなくなるので、年金受給額も変わりません。
 

パワーカップルが両方とも自営業の場合

 
パワーカップルが両方とも自営業の場合にもらえる年金は図表3のとおりです。
 
図表3

もらえる年金
男性:自営業(年収1000万円)
女性:自営業(年収1000万円)
男性:月額約6.4万円
女性:月額約6.4万円
合計:月額約12.8万円

※あくまでも目安で、実際にもらえる年金とは異なる場合があります
 
両方とも自営業の場合、もらえる年金の合計額は月額約12.8万円、年換算だと約153. 6万円です。自営業だともらえる年金は国民年金のみで、年収額が多くても将来もらえる支給額は変動しません。
 
年収2000万円のパワーカップルのパターンで、もらえる年金額が最も少ないパターンです。
 

パワーカップルの片方が自営業の場合

 
パワーカップルの片方が自営業の場合にもらえる年金は図表4のとおりです。
 
図表4

もらえる年金
男性:会社員(年収1000万円)
女性:自営業(年収1000万円)
男性:月額約18.8万円
女性:月額約6.4万円
合計:月額約25.2万円
男性:自営業(年収1000万円)
女性:会社員(年収1000万円)
男性:月額約6.4万円
女性:月額約18.8万円
合計:月額約25.2万円

 
パワーカップルの片方が自営業の場合、もらえる年金の合計額は月額約25.2万円、年換算だと約302.4万円です。
 
自営業の方がもらえる国民年金は、年収に関わらず金額は同じです。一方で、パワーカップルの片方が会社員なら厚生年金に加入できるので、年収の金額によってもらえる年金が増えていきます。
 
ただし、会社員の方の生涯平均年収が1000万円を下回ると、もらえる年金額は減っていきます。
 

パワーカップルが両方とも会社員の場合

 
パワーカップルが両方とも会社員の場合のもらえる年金額は図表5のとおりです。
 
図表5

もらえる年金
男性:会社員(年収1000万円)
女性:会社員(年収1000万円)
男性:月額約18.8万円
女性:月額約18.8万円
合計:月額約37.6万円

※あくまでも目安で、実際にもらえる年金とは異なる場合があります
 
パワーカップルが両方とも会社員の場合、もらえる年金の合計金額は月額約37.6万円、年換算だと約451.2万円です。
 
年収2000万円のパワーカップルのパターンで、もらえる年金額が最も多いのは両方とも会社員のパターンです。ただし、年収でカップル間に差があると、もらえる支給額が図表6のような場合があります。
 
図表6

もらえる年金
男性:会社員(年収1400万円)
女性:会社員(年収600万円)
男性:月額約18.8万円
女性:月額約16.4万円
合計:月額約35.2万円

※あくまでも目安で、実際にもらえる年金とは異なる場合があります
 
厚生年金は年収が一定額を超えると、もらえる年金額は増えなくなります。年収2000万円を超えるパワーカップルの場合、片方の年収が高くても、もう片方の年収によっては、年金額が思ったよりも多くないというケースがあるので注意しましょう。
 

年収2000万円のパワーカップルでも年金は多くない

 
年収2000万円のパワーカップルがもらえる年金額は、パターンにもよりますが月額約12.8~約37. 6万円です。両方とも会社員だった場合のケースを年換算しても約450万円で、現役時代の収入に比べると少ないです。
 
そのため、年収2000万円のパワーカップルでも現役のうちに資産を形成するか、老後は生活レベルを落とすことも検討してみましょう。
 
出典
日本年金機構 国民年金はどのような人が加入するのですか。
日本年金機構 令和3年4月分からの年金額等について
三井住友銀行 年金換算シミュレーション
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行