更新日: 2022.03.29 年収

40代で年収2000万を達成するのはどんな業種の人?

40代で年収2000万を達成するのはどんな業種の人?
40代になると家庭も持ち、責任も増え、より多くの収入が欲しいと思う人もいるでしょう。ここ数年の日本人の平均年収額は約430万円ほどですが、中には2000万円を超える収入を得る人もいます。
 
国税庁の統計によると、年収が2000万円を超える人は、給与所得者全体の約0.4%。そのような人たちは、いったいどのような業種で働いているのでしょうか。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

サラリーマンで年収2000万円もらえる業種とは?

会社に属しながら、サラリーマンとして年収2000万円稼げる業種は、以下のようなものが挙げられます。
 

・会社の役員

長年会社に勤めた40代ともなれば、会社の中での地位も高くなっている頃でしょう。会社の規模にもよりますが、中小企業であればうまくいけば役員となって、経営サイドに就けることもあります。会社の責任を負う立場である役員となれば、2000万円の年収にも手が届くことでしょう。
 

・歩合制の営業職

不動産会社や保険会社などに勤めていれば、営業職として働いてたくさんのお客さんと契約ができれば、年収2000万円も夢ではありません。歩合制の営業職であることが前提ですが、体力、プレゼン能力などに自信があれば、営業にフルコミットすることで達成できるでしょう。
 
ですが歩合制の場合、営業の結果が出なければ収入が大きく落ち込むことにもなります。
 

・一流エンジニア

エンジニアとしてゲームやアプリの開発に携わる会社などに勤めていれば、自身の腕前やアイデア次第で年収2000万円も狙えます。
 
これには、かなりの技術力に加えて実務経験などが求められます。エンジニアにはこのほか、フリーランスとして独立し、高単価の案件をこなして高収入を目指すという道があるのが特徴です。
 
いずれの方法でも実力主義の要素があり、かなり熱心に働いている人でない限り達成するのは難しいものです。
 

独立して年収2000万円を目指すには?

会社から独立して年収2000万円を稼ぐ業種には、以下のようなものがあります。
 

・独立コンサルタント

年収の水準が高いコンサルティング業界で事業を行えば、年収2000万円を狙うことも可能です。その中でも最上流の仕事である経営コンサルタントとして独立できればなおよいでしょう。実力主義の世界で勝ち残っていければ、収入もやりがいも手に入れることができます。
 

・開業医

高収入な職業として有名な医者も、条件によっては年収2000万円代に到達します。その主な条件が開業医になることです。病院に勤める勤務医でも、相当な腕前があれば可能かもしれませんが、医者として働きながら収入を伸ばすには開業医になることが必須条件といっても過言ではありません。
 
開業医として成功するのに必要な要素は、病院の経営をうまくやることです。経営がうまくいけば、収入は青天井となっていきます。
 

・YouTuber

YouTuberを始めるのに、年齢は関係ありません。YouTuberとして人気が出れば、その収入で年2000万円稼ぐことも不可能ではないです。
 
YouTubeの利用規約上、収入に関する情報は公開できないのですが、一説によるとチャンネルの登録者が50万人ほどいれば1年間で2000万円ほどの収入がはいってくるという大まかな目安があり、アイデアと努力次第では数年あれば達成できる領域ではないでしょうか。
 

・起業家

起業家といっても、世の中に名をとどろかす有名企業を創業する必要はありません。自分一人だけで行える小さな事業でも興して、それを拡大していけば十分に2000万円稼げる可能性はあります。
 
クライアントとの取引や会計業務などのような、会社で行われるような仕事をすべてやらなければいけませんが、事業を拡大させて人を雇えば、社長として高い収入を得られるだけでなく、自分の自由な時間も手にすることだって可能です。
 

まとめ

日本人全体のわずか0.4%しかいない年収2000万円を超える人。ここではその人々の業種を見てきましたが、その領域にたどり着くには決して簡単ではないものの、決して不可能でもありません。
 
40代までに年収2000万円がほしい人、すでに40代だが収入を上げたい人、どちらでもその目標に向かって必要な勉強や行動などの努力が惜しみなくできる人には、きっと成功への道が開かれています。
 
出典
国税庁 令和2年分民間給与実態統計調査 -調査結果報告-
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行