更新日: 2022.10.06 年収

手取り13万、生活苦でカードローンが90万です…月々の返済はいくらが良いでしょうか?

手取り13万、生活苦でカードローンが90万です…月々の返済はいくらが良いでしょうか?
お給料だけでは生活費が足りない場合、ついついカードローンを利用してしまう人もいるのではないでしょうか。一人暮らしをしていれば、予想外の出費が必要なこともあります。しかし、カードローンの利用が90万円を超えると、返済そのものが負担になりやすいものです。
 
今回は、「手取り13万円」の人が90万円の借金を抱えてしまったときの適切な返済額や対処法などを紹介していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

手取り13万円の場合の妥当な返済額は?

手取り13万円の場合、単純計算での手取り年収は156万円です。
 
貸金業法の総量規制では「年収を基準に貸付は3分の1」を目安にすることが決められています。つまり、年収156万円の人は本来52万円までしか借りることができません。すでに90万円借りているとなると、返済だけでも相当な負担になります。
 
この場合、できるだけ無理のない返済を考えるなら月々1万円以内に押さえることです。しかし、毎月1万円で返済するとしても完済までに7年以上かかります。利息分も含めるとさらに完済までの期間は長引くでしょう。
 

慢性的に生活費が足りないときの適切な解決策

生活費が慢性的に不足しているとしても、カードローンで補てんすることは良い選択とはいえません。では、生活が苦しいときはどのような解決方法が適切なのか紹介していきます。
 

・条件の良い職場への転職を考える

勤続年数や雇用形態にもよりますが、そもそも生活が苦しいほどの収入なら転職を考えることも必要な状況といえます。現在の仕事を続けながら、次の就職先を探してみましょう。例えば、転職サイトや転職エージェントを利用するという方法もあります。転職エージェントなら自分に代わって給与の交渉などもしてくれますし、悩みを相談することもできます。
 

・時間に余裕があるときは副業を始めてみる

勤務時間や出勤日数が少なく時間に余裕があるなら、副業を始めるのも収入アップの手段です。在宅で可能な仕事でもいいですし、飲食店などでアルバイトをするのもいいでしょう。例えば、時給1000円で3時間働くだけでも1日3000円になります。週に4日働いたとして1ヶ月当たり5万円近く収入をアップできます。副業で得た収入を返済に回せば、利息を抑えながら早めに完済することも可能です。
 

・家賃などの見直しをする

家賃を見直すことも、生活費の総額を抑えることにつながります。特に、同じ物件に何年も住み続けているときは、家賃が高いまま借り続けている可能性があります。通常、家賃は建物の経年劣化にともなって次第に下がっていくのが一般的です。
 
賃貸情報サイトで自分が住んでいる物件が出ていないか確認してみましょう。入居したときよりも家賃や初期費用が下がっているかもしれません。現在の住まいより安くて条件の良い物件があれば、引っ越しをすることも前向きな解決策です。
 

生活費の補てんとしてカードローンを利用するのはできるだけ避けよう


カードローンは、使い方によっては便利なものです。しかし、便利に使えるだけに利息が高いというデメリットがあります。利用するときは、ボーナスなどが入る前のつなぎ資金程度にとどめ、すぐに返済できる範囲内に抑えることです。生活自体が苦しいときは、安易にお金を借りるよりも転職や副業などで解決を図るようにしましょう。
 

出典

日本貸金業協会 お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】

 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード