更新日: 2022.12.05 年収

年収は平均の「443万」でも年間休日は「96日」…これって妥当? 時給換算するといくらになる?

年収は平均の「443万」でも年間休日は「96日」…これって妥当? 時給換算するといくらになる?
年間休日とは1年間に休める日の合計で、企業によって日数は異なります。求人広告などでは、「年間休日120日」という基準を目にすることが多いかもしれません。では、平均的な年収があったとしても、年間休日が96日の場合、妥当な働き方ができているのでしょうか。
 
この記事では、年間休日が96日、110日、120日だった場合の働き方について比較していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年間休日96日はどれくらい休めるのか?

大企業のひとつの基準となっている年間休日120日は、「1ヶ月間あたり10日間の休みがある」という状態です。これは完全週休2日制に加えて、祝日もカレンダー通りに休める計算となります。1年365日のうち、およそ3分の1が休みとなるため、ある程度ゆとりのある働き方ができているといえます。
 
一方、年間休日96日を12ヶ月で割ると、「1ヶ月間あたり8日間の休みがある」という状態です。おおよそ1週間に2回休める計算ですが、年末年始や夏休みに長期休暇が設けられている職場では、1週間に1回しか休めない日が続く可能性もあります。
 
小売・卸売業、飲食サービス業、運輸業などは、年間休日が100日前後となっているケースもめずらしくありません。ただし、他の業界と比較すると、休日日数は決して多くないことがわかります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

平均年収の場合、年間休日96日の時給はどれくらい?

国税庁の「令和3年分民間給与実態統計調査」によると、日本の1年を通じて勤務した給与所得者の平均年収は約443万円です。平均年収443万円を年間休日96日、出勤日269日として時給換算してみましょう。1日あたりの勤務時間が8時間だとすると、1年間の総勤務時間は2152時間です。443万円を2152時間で割ると、約2058円です。
 
つまり、「年収443万円、年間休日96日、勤務時間8時間」を時給換算すると、約2058円となります。
 
同じ計算式を使うと、年間休日110日(出勤日255日)の総勤務時間は2040時間で時給は2171円程度、年間休日120日(出勤日245日)の総勤務時間は1960時間で時給は2260円程度となります。時給換算すると年間休日96日が約2058円、110日が約2171円、120日が約2260円という結果です。年間休日96日と120日では、時給換算で200円程度の差があることがわかります。
 
ただし、これらの結果はあくまで目安です。1週間の勤務時間は40時間以内だと定められているため、1日あたりの勤務時間によって時給換算した数値は変わります。また、サービス残業が多い職場では、アルバイト並みの時給になることもあります。
 

年間休日は96日で年収443万円は妥当か?

年収443万円、年間休日96日、勤務時間8時間を時給換算すると、約2058円となります。1時間で2000円以上もらえるため、収入だけ見ると決して悪くはありません。ただし、年収443万円の手取りを約350万円とすると、時給は1626円になります。
 
また、休日数96日は社会全体からすると少ない日数です。休日が少ないとプライベートが充実しない、疲れがとれないといったデメリットが生じるため、年収443万円あっても、妥当だと感じづらいかもしれません。
 

平均年収があっても年間休日96日だと満足度は高くない

年間休日96日では、週に1、2日しか休みが取れません。年間休日を120日前後にしている会社が多いことからも、年間休日96日は決して恵まれた環境ではありません。1日8時間勤務だと想定して時給を算出すると2000円以上になりますが、職場によっては実働が長くなるケースもありえます。平均年収の443万円があっても、満足度は高くなく、妥当性を感じづらい人も多いでしょう。
 

出典

国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部