更新日: 2023.01.24 年収

32歳で「年収600万」は低いでしょうか? 30代の平均年収を教えてください

32歳で「年収600万」は低いでしょうか? 30代の平均年収を教えてください
自分の年収が高いか低いかについては、多くの人が気になるところでしょう。とはいえ、年収が高いに越したことはありません。では、32歳で「年収600万円」は、果たして高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。
 
本記事では、日本人の給与所得者の平均年収とともに、30代の平均年収や男女別の給与額を紹介。また、今後の年収を考えるうえで参考にしたいデータについても触れていきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

給与所得者の平均年収

国税庁は、日本の給与所得者に関する実態調査を毎年行っています。令和3年分の「民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の年間の平均給与額は443万3000円でした。「1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与額」という条件はつきますが、一般的な会社員の平均年収ととらえて問題ないでしょう。
 
ちなみに、令和2年分の調査では433万1000円、令和元年分の調査では436万4000円となっています。平成30年分は440万7000円ですから、その後は徐々に減少傾向をたどっていたものの、令和3年分では増加へと転じていることがわかります。コロナウイルスの影響で経済の動きが鈍ったために平均給与は減少していたのが、少しずつ社会が日常を取り戻しつつあることが大きな要因で増加となったのでしょうか。
 

・30代の平均年収

同調査では、年齢階層別の平均給与額のデータも出ています。それをみると、30~34歳の給与所得者の年間平均給与額は412万5000円です。35~39歳は448万8000円となっています。
 
32歳で年収600万円は高いか低いかという点でいえば「非常に高い」といえるでしょう。そもそも、どの年齢層の平均をみても、600万円を超えている層はありません。最も高い年齢階層は55~59歳で年間平均給与額は529万円となっています。
 

・男女別の平均年収

ここまで紹介した平均給与額は、男女合わせたデータです。令和3年分の「民間給与実態統計調査」によれば、30~34歳の男性の年間平均給与額は471万7000円、女性は321万6000円となっています。35~39歳の男性は532万9000円、女性は321万1000円です。30代の平均給与額は、女性は横ばいで推移するものの、男性は年齢が上がるにつれて大幅に上昇していることがわかります。
 
とはいえ、32歳の男性であっても、年収600万円は同年代男性の平均年収と比べれば非常に高いといえるでしょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

30代以降の給与額の推移は?

令和3年分の「民間給与実態統計調査」では、平均年収が600万円を超えるのは男性であれば45歳になってからです。45~49歳男性の年間平均給与額は629万5000円、50~54歳男性は663万6000円、55~59歳男性で686万6000円となっています。その後、600万円台を切り、徐々に減少。70歳以上になると400万円を割り込むというデータが出ています。
 
30代で年収600万円はやはり非常に高いものの、今後も順調に推移していくとは限りません。また、社会保険料の負担増やさまざまな増税により、手元に残る金額が減る可能性もあります。どのようにしたら収入を増やせるのか、あるいは資産を守れるのか、将来のことも考慮し広い視野でライフプランを設計することが求められるでしょう。
 

32歳で年収600万円は高所得だが今後の推移の注視と堅実なライフプランが重要

30代の給与所得者の年間平均給与額は400万円代前半です。男性に限ってみても500万円台前半にとどまります。そのため、32歳で年収600万円は非常に高いといえるでしょう。
 
データをみれば順調に増えていくと予想されますが、しかし、人生は何があるかわかりません。現在の状況に満足しすぎず、今後の自身の年収の推移にしっかりと目を向け、将来へと向けたライフプランを立てるることが求められます。
 

出典

国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査結果調査報告
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集